「初犯じゃないな」「これぞ横どり」の声 キャンプ中のハプニング

拡大画像を見る

1990年代に人気を博したキャンプが、ここにきて再度注目を浴びています。

家族や友人はもちろん、1人で楽しむ通称『ソロキャン』など、ひと昔前に比べると、楽しみ方も多様化。

グッズも本格的なものから、手軽に購入できる安価なものまで、実にさまざまです。

しかし、自然の中に身を置いてすごす以上、ある程度の『危険』と隣り合わせなのがキャンプ。

特攻1番機(@overflowjapan)さんがTwitterに投稿した動画を見れば、キャンプにひそむ『危険』が分かることでしょう…。

キャンプ中、気を抜いてはいけない理由

キャンプ中、投稿者さんが食事を作っていた時のことでした。

肉を焼いていたところ、『それ』は音もなく、突然やってきたのです。

何が起こったんだ…!

目にもとまらぬスピードで肉を奪っていったのは、鳥。

これまで、地上での危険には警戒を怠っていなかったという投稿者さんですが、まさか空から狙われているとは想定していなかったようです。

「まさか、空襲がくるとは予想もしなかった」とコメントしています。

食事のメインを奪われた投稿者さんは、同様にキャンプを楽しむ人たちに、こう警告のメッセージを残しました。

「キャンプをやってる時、気を抜くんじゃねぇぞ」

「手際のよさから、初犯じゃなさそう」「これが本当の『横どり』…」と、多くの人の度肝を抜いた動画。

キャンプを楽しむ際は、空からの奇襲に対する対策も忘れずに…!

[文・構成/grape編集部]

出典 @overflowjapan

関連リンク

  • 7/13 11:52
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

7
  • おやぢ

    7/24 12:23

    観光地とか普通に鳥が人の食べ物奪いに来ますよね。 昔、上高地で「カモなどに餌を与えないで下さい」と看板があちこちに立ってましたが、観光客が弁当など食べていると、じわじわと寄ってくるw これはもう元の生態系に戻すのは無理だなと。 本当に守りたかったら飲食物の持ち込みを禁止すべきだけど、それやると観光客が減るからやらないんでしょうね。

  • 「叩き○す」なんて物騒なワード見ると、漆原教授の「七味バリア」がものすごい平和な防衛手段に見えるなw人間は辛いの我慢すればいいだけだし笑笑

  • 別天津神

    7/24 9:41

    ようも恥ずかしげもなく、そんな事が書けるなぁ…畜生以下だな、アンタ…(˘・_・˘)…

記事の無断転載を禁じます