ディズニーから2021年秋公開の新作映画『Encanto(エンカント)』のティザー映像が到着! ラテン×カラフル×ハッピーな世界観ですっ♡

拡大画像を見る

2021年11月に公開予定のディズニー長編アニメ映画『Encanto(原題)』。そのティザー映像が公開されましたよ〜!

南米・コロンビアに暮らす “風変わりな家族” の物語で、ラテン×カラフル×ハッピーな世界観が心地よく、映画公開が待ちきれないっ♪

【おうちも家族もフツーじゃない!?】

『Encanto』は、コロンビアの山中に隠れて暮らすマドリガル家のお話。

マドリガル家のおうちは「魔法の家」のようで、公開されたティザー映像でも、

・窓がひとりでに開く
・ポットがお茶を注いでくれる
・階段が滑り台へと姿を変える

など、マジカルなことが次々起こります。

次々とファミリーが登場しているのですが、その全員の個性が強め!!!

ピアノをダンベル替わりにしてトレーニングするお姉さん(!)や、ヒョウや鳥を手なづける幼い男の子。

さらには、ハグをする相手の姿そっくりに七変化する子(!!)などが出てきて、知れば知るほど、どんな家族なのか気になっちゃう~!

【主人公は平凡な15歳の女の子】

物語の主人公は、風変わりな家族の中で自分の居場所を見つけようと奮闘する、平凡な15歳の少女・ミラベル

「平凡とは無縁の家族に囲まれて暮らす」というのはなかなか大変そうで、その境遇を想像しただけで、ミラベルを応援せずにはいられません。

ミラベルの声を担当する女優のステファニー・ベアトリスさんは、

「ミラベルはとても面白くて愛情深い子ですが、同時にそれ以上の何かを強く求めているキャラクターです。」
「また、自分が正しいと思うことには、恐れずに立ち向かいます。そんなところが大好きで、とても共感できる部分です。」

とコメント。

ミラベルは、従来のディズニープリンセスたちとは違って、 “等身大のヒロイン” という感じ。

だからこそ、彼女の気持ちに共感できそうだし、より物語に没入できそうです。

ミラベルが自らの手でどんな未来を切り開いていくのか、非常に楽しみですね♪

参照元:YouTube、Instagram @encantomovie
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 7/13 8:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます