デートで何か失敗した?と男性を不安にさせる別れ際の一言9パターン

デートの別れ際は、お礼を述べたり感想を伝えたりと、言うべきことがいろいろあって焦ってしまうもの。うっかり不用意な発言をして、「嫌われたかも…」と男性に誤解されたくなければ、ダメな例を知っておく必要があるでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「デートで何か失敗した?と男性を不安にさせる別れ際の一言」をご紹介します。

【1】「じゃ、私こっちだから」とそっけなくサヨナラする
「えっ…と驚いてる間にその場に取り残されて、途方に暮れてしまった」(20代男性)というように、友達にするようにドライな一言でお別れするのは、冷たく映ってしまうようです。時間に追われていても、「今日はありがとう」くらいは伝えましょう。

【2】「駅までの道は分かるから大丈夫」と見送りを拒否する
「少しでも長く一緒にいたいとかは思わないんだ…と何気にヘコんだ」(10代男性)というように、相手に気を使って一人で帰ろうとして、逆にガッカリさせてしまうケースです。むしろ「駅まで送って」などと甘えたほうが、男性をキュンとさせられるでしょう。

【3】「次はみんなで集まろう」と大人数で遊ぶことを提案する
「二人きりでは会いたくないってことだと解釈して、落ち込んでしまった」(20代男性)というように、グループでの遊びを持ち掛けたら、妙な深読みをされる場合もありそうです。「デートとは別にみんなでも遊ぼう」などと表現を工夫して、誤解を避けたいところです。

【4】「今日けっこう疲れたね…」とげっそりした顔でお別れする
「自分の配慮が足りなくて気を使わせちゃったのかな…と反省した」(20代男性)というように、疲れた様子を見せたせいで、その日の仕切りに関する自信を失わせてしまったケースです。とはいえ、実際ハードすぎたなら、今後のために本音を伝えるのもアリでしょう。

【5】「楽しかったかどうかは想像に任せます」と否定的な感想を残す
「次はないなと完全に諦めムード(苦笑)」(20代男性)というように、ネガティブな感想を漏らしたら、相手を暗い気持ちにさせてしまっても仕方がないでしょう。たとえまた会う気がなかったとしても「楽しかった」と述べるのが、大人のマナーかもしれません。

【6】「今日行った店はデートではやめたほうがいいよ」とダメ出しをする
「別れ際に言われたから、引きずってしまった」(20代男性)というように、デートの最後に苦言を呈すると、ヘマを責められた印象だけが残り、相手を長く苦しめてしまうようです。それほど親しくない間柄なら、「次は和食がいいな」などと遠回しに伝えるのが正解でしょう。

【7】「いい人いたらぜひ紹介して!」とキューピッド役を期待する
「どの時点で彼氏候補から外されたんだ?と考え込んでしまった」(20代男性)というように、まるで眼中にないかのような口ぶりで別れるのもまずそうです。とはいえ、相手に気がないことをやんわり伝えたい場合には、ピッタリな一言でしょう。

【8】「もしかしたらしばらく連絡取れないかも」と音信不通を予告する
「わざわざ宣言するなんて、よほど不快だったのかなと…」(20代男性)というように、律儀に今後の予定を告げると、「嫌われた」と早合点されるおそれもあります。「試験が終わったら遊ぼう」などと大まかな約束を提案すれば、安心してもらえるでしょう。

【9】「デートする機会もなさそうだけど…」と次のチャンスを封印する
「こんなにはっきり拒絶されるとは…と頭が真っ白になった」(20代男性)というように、「多忙な相手の事情を考慮して言った」などの真意が伝わらず、行き違いを招いてしまうパターンです。「でも暇ができたらまた誘って」などとデートの意思があることもしっかり示しましょう。

言葉足らずだったり言い方が率直すぎると、相手を傷つけてしまうようです。慌てずに対処して、お互い気持ちよく家路につきましょう。(安藤美穂)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/13 10:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます