King & Princeファンの期待高まる!? 打ち切り報道の『うちガヤ』後枠をキンプリ冠番組が引き継ぐ可能性

 日本テレビの人気深夜バラエティ番組『うちのガヤがすみません!』が今秋終了すると報じられているが、この後番組をKing & Princeが担当するのではないかと囁かれ、ファンの間で注目を集めている。

 「デイリー新潮」(新潮社)は12日、『うちのガヤがすみません!』が9月で終了することがわかったと報じた。毎回、50名にものぼる「ガヤ芸人」たちがゲストをさまざまな形で“おもてなし”するというコンセプトの同番組からは、フワちゃん、りんごちゃん、Mr.シャチホコらがブレイク。タレント発掘の場としても機能していたが、コロナ禍に大勢の芸人が収録に集まるスタイルが難しかったことに加え、「最近はお笑い芸人ばかりで食傷気味」なことで打ち切りを決めたのではとの関係者のコメントを紹介している。

 これに番組ファンからは「寂しい」「残念」といった声が上がる一方、「当初は面白かったけど、最近はマンネリ化してきた印象」「最近似たような番組が多い」など、妥当と考える人もいるようだ。

 一方、King & Princeの冠番組がスタートするのではと期待を寄せる声も……。

「5月23日に単発で放送された『King & Princeる。(キンプる)』がレギュラー化するのでは、という話ですね。少し前に、『キンプる』が10月からレギュラー化することが決定し、『うちガヤ』の火曜深夜枠での放送になると一部で報じられていたんです。また『キンプる』はあくまでパイロット版で、これをベースにした番組になるという別の報道もありましたが、いずれにせよキンプリの冠番組が10月から日テレの火曜深夜で始まるという部分は共通。これらの報道では『うちガヤ』がどうなるのかについてまったく触れられていなかったため当初は懐疑的な声も上がっていたのですが、今回『うちガヤ』が9月で終了決定と報じられたことで、キンプリファンの期待が高まっています」(アイドル誌ライター)

 King & Princeといえば、今年の『24時間テレビ』のメインパーソナリティ-に抜擢されるなど、日本テレビの“イチオシ”ジャニーズグループともささやかれている。

「ジャニーズ事務所内でも、“ポスト嵐”として期待されているのはやはり王道の魅力を持つキンプリ。休止していた岩橋玄樹の復帰にメンバーがこだわっていたことでグループとしての活動はこれまであまり活発ではなかったが、今年3月をもって岩橋が正式に脱退・退所したことで事務所も本腰を入れて推している。嵐初の単独レギュラーは日テレ深夜で放送された『真夜中の嵐』で、これが後々『嵐にしやがれ』となった。キンプリのレギュラー番組も、後々のゴールデン進出を見据えての第一手でしょう」(レコード会社関係者)

 嵐と異なる点は、すでに彼らがSNSを始めていることだ。

「男女13~49歳を“コアターゲット”とし、この世代の視聴率を取りに行く方針の日テレにとって、SNSで影響力を持つタレントのキャスティングは重要。『新・日本男児と中居』の後番組となった『超無敵クラス』は、出演者の“総フォロワー数1000万人超え”をキャッチにしているほどです。キンプリはただでさえ人気のジャニーズアイドルであるのに加え、彼ら自身のSNSも解禁されたことで、視聴率では測れない爆発的な反響が期待できる。日テレにとっては是が非でも囲い込みたいでしょう」(テレビ誌ライター)

 King & Princeは今年、個々の活躍も際立つ。先日、リアルタイム視聴率とタイムシフト視聴率を合わせた総合視聴率が28.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、世帯)と華々しい最終回を迎えたTBS日曜劇場『ドラゴン桜』で高橋海人がメインキャストを務め上げたのに加え、現在は岸優太が月9『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)で主演級に目立ち、永瀬廉もNHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』で飄々としながらも実は複雑な思いを抱えている漁師役を好演。平野紫耀は橋本環奈とW主演を務めたヒット映画の続編『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ファイナル』の公開を8月に控え、さらにその8月からは神宮寺勇太が『准教授・高槻彰良の推察』(東海テレビ・フジテレビ系)で主演のHey! Say! JUMPの伊野尾慧のバディ役を務める……とメンバー全員が俳優として話題を振りまいているのだ。

 7月21日には3rdアルバム『Re:Sense』を発売し、同25日から9月にかけて全国アリーナツアーも予定しているということで、これまでになく多忙な年となりそうなKing & Prince。ファン念願の冠レギュラー番組も決まれば、国民的アイドルグループへとさらに一歩近づくことになりそうだが、はたして……。

  • 7/13 6:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます