アトレティコがアルゼンチン代表MFデ・パウルを獲得!…移籍金は約45億円で5年契約

拡大画像を見る

 アトレティコ・マドリードは、ウディネーゼからアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウルを獲得したことを発表した。12日、クラブが公式サイトで伝えている。

 アトレティコはかねてからデ・パウルへの強い関心を示していることが報じられていたが、ウディネーゼ、そして選手サイドとも2026年までの5年契約で合意し、メディカルチェックも通過。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、その移籍金は3500万ユーロ(約45億円)で決着したようだ。

 1994年生まれで現在27歳のデ・パウルは、2013年に母国のラシン・クラブでプロデビューを果たすと、その翌年にはバレンシアから引き抜かれてヨーロッパに上陸。その後、一時的な母国復帰を経て2016年にウディネーゼへと移籍すると、ここでは公式戦184試合に出場して34ゴール36アシストという記録を残し、セリエAを代表する攻撃的MFへと成長した。

 また、昨シーズンのセリエAでは、リーグのアシストランキング2位(10アシスト)、最多ドリブル成功数(122)、最多デュエル勝利数(289)、最多被ファール数(126)と突出した記録をマーク。さらに先日まで行われたコパ・アメリカでもアルゼンチン代表の主力として活躍し、ブラジル代表との決勝戦では決勝ゴールをアシストするなど優勝に大きな貢献を果たしている。

関連リンク

  • 7/13 8:47
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます