女子はホントはこう思ってた?ヒゲ男子への辛らつな本音9パターン

ファッションのアクセントとしてヒゲを生やす「ヒゲ男子」は少なくありません。しかし、中には女子に不評なヒゲもあるようなので、気をつけたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「女子はホントはこう思ってた?ヒゲ男子への辛らつな本音」をご紹介します。

【1】こだわっている割には不揃いで、無精ヒゲにしか見えない
「整っていないヒゲには清潔感がない」(10代女性)というように、無造作すぎる生やし方で「ただの無精ヒゲ」に思われてしまうパターンです。ヒゲを生やすならトリマーなどを揃え、丁寧に整えることを日課にしましょう。

【2】ビールの泡や牛乳が付着している様子が不快
「近くで見たくないから、食事も遠慮しがちに」(20代女性)というように、飲食の際に汚れたヒゲを見せられることを苦痛に感じる女性もいます。自分では気づきにくいので、日頃から注意しておいたほうがいいかもしれません。

【3】童顔なので、ヒゲを生やすこと自体が似合っていない
「子どもが大人のマネをしているようで笑えちゃう」(20代女性)など、もともとの顔立ちとヒゲがミスマッチに見えることもあるようです。背伸びして苦笑されるぐらいなら、年相応になるまで待つという選択肢もあるでしょう。

【4】ヒゲにまぎれて何気に鼻毛が出ているのが残念
「汚い!渋いヒゲでもガッカリする」(10代女性)など、ヒゲと紛らわしい鼻毛のせいで、とんでもなく汚らしく見えてしまったケースです。ヒゲ男子に求められているものは、一にも二にも「清潔感」と心得ましょう。

【5】まばらなくせに生やそうとしているから貧乏くさい
「まばらなヒゲがみすぼらしい」(20代女性)など、ヒョロヒョロと伸びた密度の薄いヒゲは、ワイルドどころか貧相さを増してしまうようです。ヒゲが濃くない人の場合、伸ばし始めが特にまばらになりがちなので、長期休暇中にスタートするのが安全でしょう。

【6】きれいめファッションとのギャップに違和感を覚える
「中性的な服を着てる人がヒゲを生やしても全然似合わない」(20代女性)というように、ヒゲが明らかにファッションから浮いていると、「この人何がしたいんだろう」と当惑されてしまうようです。まわりから「似合っている」という反応がない場合、どこに問題があるのか、今一度検証してみる必要があるでしょう。

【7】生やし方がワイルドすぎて、怖い人にしか見えない
「夜の街にいるようにしか見えない。コワモテな性格に思えて近づきづらい」(10代女性)というように、イカついヒゲのせいで、オラついた印象を与えてしまうケースです。ワイルドなヒゲは好みが分かれることを念頭に置きましょう。

【8】常にヒゲを触ったり鏡を見たりしている姿がナルシストすぎる
「見られていないと思っているけど、うっとりヒゲをなでる姿は目立ちます」(20代女性)というように、頻繁にヒゲチェックを繰り返すナルシストぶりでうんざりされるパターンです。ヒゲのコンディションが気になるなら、トイレなど人目に付かないところでケアしましょう。

【9】キスするときにヒゲがジョリジョリ当たって痛そう
「この人と実際にスキンシップするとしたら…と想像すると、生理的に無理って感じです」(10代女性)というように、付き合ったあとを想像して、ヒゲ男子を敬遠する人もいます。もちろん、ヒゲなど気にしないという女性も少なくありませんが、万人受けを狙うのであれば「こざっぱりとしたヒゲ」を目指すのが無難でしょう。

ヒゲのせいで恋愛チャンスを逃したくなければ、常に客観的な視点を持ち、不快な印象を与えていないか省みる姿勢を持ちましょう。(佐々木正孝)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/13 8:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます