『SING/シング:ネクストステージ』2022年春公開!U2ボノら参加の初映像も

拡大画像を見る

2017年に公開され、週末動員ランキング4週連続1位&最終興収51億円超えの大ヒットを記録した『SING/シング』。この度、待望の最新作『SING/シング:ネクストステージ』が、2022年春に公開決定。「U2」のボノやホールジー、ファレル・ウィリアムス、レティーシャ・ライトら新キャストが登場するオリジナル予告とティザーポスターも併せて解禁された。

テイラー・スウィフトやレディー・ガガ、スティーヴィー・ワンダー、フランク・シナトラなど、誰もがどこかで耳にしたことがあり、歌いだしたくなるヒットソングや名曲が60曲以上も使用された『SING/シング』。世界で唯一、全編吹き替え版の製作が許された日本では、豪華声優キャストと製作陣が集結し、そのクオリティも大反響を呼んだ。

興行収入51億円超えの記録は、インターナショナル興収(アメリカ以外の国と地域の成績)において日本がNo.1となっており、『ミニオンズ』や『怪盗グルー』シリーズでも成し得なかったイルミネーション・エンターテインメント作品において唯一の快挙。さらに、2019年からユニバーサル・スタジオ・ジャパンで、イルミネーション作品の初アトラクションとなる「シング・オン・ツアー」が世界で初めて登場するなど、日本中に愛される作品として圧倒的な人気を誇っている。

そんな前作から5年。あれから、コアラのバスター率いるロジータ、アッシュ、ジョニー、ミーナ、グンターは地元で大人気。ニュー・ムーン・シアターは連日満席で、活気に満ち溢れていた。だが、バスターには大きな“夢”があった。それは、世界的にも有名で、華やかできらびやかなエンターテイメントの聖地レッド・ショア・シティにあるクリスタル・タワー・シアターで新しいショーを披露すること。


そのために、何もコネのない彼らはクリスタル・エンターテイメント社の冷酷な経営者、ジミーのオーディションに通過しなければならない。グンターはジミーの気を引くために、またも突発的なとんでもないアイディアを提案する。それは伝説のロック歌手で、いまは隠遁するクレイ・キャロウェイを出演させること。果たして、バスターはクレイを自分のショーに出演させることができるか? 仲間たちはショーを成功させることはできるのか? バスターたちが大成功を夢見て始めたショーは、いつの間にか、音楽とエンターテイメントの力で傷ついた者たちの心を癒し大きな感動を呼び起こすことに。

客席を覗くバスターの後ろ姿が描かれたティザーポスターも、新たな舞台でどんなショーが繰り広げられるのか、期待をさせるものとなっている。

予告編にも散りばめられているように、『SING/シング』の大きな魅力である何十曲ものクラシック・ロックやポップスのヒット曲・名曲と、美しいパフォーマンスで構成され、息を呑むような芸術性、そしてイルミネーネーション作品のテーマともいえるユーモアと心温まる要素の融合がさらにスケールアップ。


マシュー・マコノヒー(コアラのバスター・ムーン)に、スカーレット・ヨハンソン(ヤマアラシのアッシュ)、タロン・エジャトン(ゴリラのジョニー)、リース・ウィザースプーン(ブタのロジータ)、トリー・ケリー(ゾウのミーナ)ら豪華ボイスキャストも再集結。


新キャラクターたちには、伝説のロックスター・ライオンのクレイ役に「U2」のボノ、ジミー・クリスタル氏の娘・オオカミのポーシャに新世代のポップ・スター、ホールジー。


さらにファッション/カルチャー・アイコンとしても活躍するスーパー・マルチ・アーティスト、ファレル・ウィリアムスや『ブラックパンサー』のレティーシャ・ライト、コメディアンのエリック・アンドレとチェルシー・ペレッティなどビッグ・アーティストらが勢ぞろいした。


『SING/シング:ネクストステージ』は2022年春、全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
SING/シング 2017年3月17日より全国にて公開。
© Universal Studios.

関連リンク

  • 7/13 7:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます