本田翼、今田美桜、広瀬すず…CM女王たちのセクシー「推しポイント」

拡大画像を見る

 今年上半期の「タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター調べ)の俳優部門と総合で、1位に輝いた本田翼(29)。出演CM数15本は俳優部門2位の芦田愛菜に3本差をつけ、CM女王初戴冠となった。

 ソフトバンク『LINEMO』で見せるキュートなダンス、飲みっぷりのよいアサヒビール『ビアリー』他、今や彼女が出演するCMをテレビで見かけない日はないほどの売れっ子だ。

「ルックスとスタイルのよさはもちろんですが、ゲーム好きのインドア派という彼女のキャラが、コロナ禍で“おうち時間”が注目される今の時代にフィットした面もありますね。かわいいのにカッコつけない、親しみやすい性格も、彼女が愛される理由でしょう」

 と分析するのはTV美女研究家の八木晶王氏だ。

 同ランキングで総合3位に入った今田美桜(24 )も、上半期の出演CM数は10本と大ブレイク中。

 新しいところでは『楽天モバイル』のCMで、米倉涼子と共演。コーセー『ファシオ』のCMで見せる大人っぽい表情など、魅力的なCMばかりだ。

「福岡・博多出身の彼女は地元でタレント活動した後、16年に19歳で上京。“福岡で一番かわいい女の子”のキャッチコピーでたちまち人気に。当初は水着の仕事も多く、大胆なビキニでB86の胸の谷間を露出することもしばしば」(芸能記者)

 昨年の「年間CM起用社数ランキング」で今田と並んで女性タレント部門の1位になった広瀬すず(23)は、上半期の出演9本で総合4位だった。

「富士フイルム『お正月を写そう』や“いいんじゃない?”を連発する味の素冷凍食品『ギョーザ』、ショートへアの彼女がリズムに乗って緩いダンスを踊って見せるAGCのCMなど、広瀬の出演CMは強烈なインパクトがありますね。彼女の胸がかすかに揺れているのも、目の保養です」(テレビ誌記者)

 もちろん、記憶に残る「CM女王」は過去にもいた。最近、34年ぶりに出演した『三井のリハウス』のCMが話題になった宮沢りえ(48)も、その一人。彼女が“初代リハウスガール”としてCM出演したのは1987年、14歳のときだった。

 その後も宮沢は多くのCMに出演。観月ありさ、牧瀬里穂と売れっ子CM美女の“3M”と呼ばれた。

「当時の宮沢は輝くばかりの美少女。そんな彼女がセンセーショナルな、ふんどしカレンダーやヘアヌード写真集『Santa Fe』で時代の寵児となり、関脇・貴花田(当時)との婚約と破局を経て、恋多き女に」(前出の八木氏)

 多くの男を惑わす色気は四十路になっても衰えず、40歳のときに出演したJINSのCMでは、ミニスカ姿で太ももを大胆に露出し、セクシーすぎると話題に。

「彼女が、一般男性との離婚を経てV6の森田剛と子連れ再婚するという、波瀾万丈な生き方を選ぶとは想像もつかなかった」(前同)

 現在発売中の『週刊大衆』7月26日号では歴代CM女王7人の恋愛遍歴を大特集している。

関連リンク

  • 7/13 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます