誤解されない?【勘違い女】だと思われないために覚えるべきこと

拡大画像を見る


アプローチの方法を間違えてしまうと、好きな人はもちろん周りの人からも厄介な勘違い女だと思われて距離を置かれる可能性があります。
人間関係が上手くいかなくなるのはもちろん、時にはコンプライアンス違反だとして大問題に発展してしまうこともあります。では、どのようなことを覚えておけば良いのかポイントをチェックしていきましょう。


引き際をわきまえる

脈なしだと分かり切っているのに、最後までアプローチをすると勘違い女だと思われるリスクは高まります。
「もう少し頑張りたい」という気持ちは分かりますが、絶対に無理な相手であれば大人しく諦めた方が良い場合もあるでしょう。
特に、相手に彼女や奥さんがいる場合、アプローチ自体が迷惑になる場合もあります。どんなに好きな人でも引き際を見極めるようにしましょう。


大勢の前でアプローチをしない

二人きりだと冷たくあしらわれても、誰かが近くにいればそんなにひどくあしらわれないこともあります。しかし、だからといって大勢の前でアプローチしないようにしましょう。TPOをわきまえない勘違い女だと思われてしまうリスクが高まってしまいます。
また、周りの人にも「あの人は迷惑な女性だね」と思われる恐れがある点にも要注意です。


遠回しな拒絶に気付く

ほとんどの男性は、女性からのアプローチが迷惑でもストレートに言えないと言われています。そのため「ちょっとその日は都合が悪いので」や「今は仕事に集中したいので」のように遠回しに断られることもあるでしょう。その時に「じゃあ他の日は?」や「待ってたら良いの?」としつこく聞くと、拒絶をしてもめげない勘違い女だと思われる恐れがあります。
男性の遠回しな断り文句は、しっかり察してアプローチ自体を諦めるようにするのがおすすめですよ。


勘違い女だと思われると印象は一気に悪くなる!

勘違い女だと誤解されることで、一気に周りからの評判が悪くなってしまいます。今までは仲良くしていた人に嫌われることもあるでしょう。
円満な人間関係を築きたいのであれば、勘違い女だと思われないようにアプローチをする本人以外の目も意識するのがおすすめです。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/13 6:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます