松村沙友理、乃木坂46卒業への寂しさと不安 今後のビジョン・ファンへの思い語る

【モデルプレス=2021/07/13】乃木坂46の松村沙友理が8日、「卒業記念写真集『次、いつ会える?』 発売記念オンライン記者会見」に出席。卒業直前の心境や、今後のビジョンについて語った。

◆松村沙友理、卒業への不安告白

松村の卒業を記念して発売される同写真集は、彼女がアイドルとして活動した10年間をたっぷり詰め込んだ一冊となっている。

写真集の公式Twitterで行われていた「発売までのカウントダウン」の数字が小さくなっていく度に、発売できることへの嬉しさと、「これが出ちゃうと、私は乃木坂46じゃなくなっちゃうんだな」という寂しさとの両方を感じていたという松村。

現在の心境について聞かれると、「いざ卒業が近づいてきて、寂しさと、ちょっと不安も大きくなっています」と、少し心配もある様子。特に、乃木坂46としての仕事が終わるにつれて「こうやって、日常的にメンバーと会話することもなくなるんだな」と実感していったといい、「メンバーとたくさん喋って支え合ってきた人間なので、(卒業後)独り立ちして、自分1人の足で立っていられるのか不安もあります」と本音も告白。

「でも、自分1人で頑張るって決めたので!」と続けると、「それはもう自分で決めたことなので。この不安な気持ちに打ち勝っていきたいです!」と、卒業への強い意思と今後の意気込みを表した。

◆松村沙友理、今後のビジョンは?

今後の活動については、「肩書きとしては女優さんになるのかな」と答える松村。

「でも、これがメインですって決めるわけじゃなくて、演技のお仕事やバラエティ番組への出演、イベントなどにも出ていきたいなと思っています!乃木坂46にいるときも私は『色々なことをやってるね』って言っていただけるタイプだったので、卒業してからも、あれもこれもやっている人みたいになりたいです」と、前向きな気持ちを明かした。

◆松村沙友理、ファンへの思い明かす

最後にファンへのメッセージを求められると、「長い間たくさん支えてくださって、本当にありがとうございました。皆さんのおかげで、私の乃木坂46人生はとても楽しく、充実したものになったなって思います」と感謝の思いを伝え、「大好きな乃木坂46を卒業するのは寂しい気持ちもありますが、これからも皆さんに元気を与えられるような楽しい人生を送りたいと思います!でも、そのためには皆さんの応援が必要なので、今後とも乃木坂46あわせ、松村沙友理の応援もよろしくお願いします!がんばりまっちゅん!」と、最後まで松村らしいコメントで会見を和ませた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/13 0:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます