ナイスネイチャ・バースデードネーションでサダムパテックの母が受け入れ馬に

拡大画像を見る

 引退馬協会事務局は10日、『ナイスネイチャ・33歳のバースデードネーション』の、マンダララ(牝24)に続く2頭目の受け入れ馬が、サマーナイトシティ(牝22)に決定したことを発表した。

 サマーナイトシティは父エリシオ、母ダイアモンドシティ、母の父Mr. Prospectorという血統。現役時代はJRA・栗東の松田博資厩舎に所属し、通算成績は24戦3勝。

 引退後は繁殖馬となり、2012年のマイルCS覇者サダムパテック、2018年のヴィクトリアマイル覇者ジュールポレールと、2頭のGI馬を送り出した。しかし自身は重賞勝ち鞍がないため『引退名馬繋養展示事業』の助成金の対象とはならない。

 引退馬協会ではナイスネイチャの母、ウラカワミユキ(2017年、36歳で天寿を全う)をフォスターホースにした経緯もあり、かねてから「繁殖馬として活躍した馬の余生を守りたい」というテーマを持っていたとのこと。

 サマーナイトシティは、馬体検査を実施したのち、秋には最終繋養地へ移動する予定。

(認定NPO法人引退馬協会のホームページより)

関連リンク

  • 7/12 18:35
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます