結婚相手になりたい!遊び相手になってしまう人との違いはどこ...?

拡大画像を見る


女性からすると同じような雰囲気に見える二人の女性でも、男性から「あの人は結婚したいタイプだけど、あの人は遊び相手どまりかな」のように判断されてしまうことがあります。
実は男性の中で結婚相手として意識されるか遊び相手になってしまうかは、女性には分からない微妙な違いがあると言われています。どのような特徴の差が結婚相手と遊び相手を分けるのか、両者の違いを特徴で見ていきましょう。


結婚相手は過去の恋愛にも誠実

男性は結婚相手となる女性に、貞淑さを求める人が少なくありません。つまり、昔から誠実で、過去に彼氏がいたことがあっても真剣な恋をしてきた女性は結婚相手として意識されやすいのです。
一方、モテることに天狗になって適当に男性と遊びまくっていた女性は、結婚願望が強くなっても男性から遊び相手としか見られません。男性に対して軽い調子で接する癖がついてしまっていて、払拭するのはなかなか難しいのです。


結婚相手は金銭感覚も堅実

結婚相手として見られる女性は、恋愛観だけではなく金銭感覚も堅実です。ボーナスが出ても全部使うことはなく、しっかり貯金できるでしょう。そうした堅実な金銭感覚を持たず「宵越しの金は持たない」とばかりに散財している女性は、遊び相手になってしまいがちです。派手なブランド物ばかり持っていると、実際は堅実でも誤解されてしまうかもしれないので注意してください。


結婚相手は友達に紹介できる

男性が「友達に紹介したい」と思える女性は結婚相手として意識されがちです。一方で、「ノリは良くて好きだけど友達には紹介できない」と思われる女性は遊び相手どまりになってしまうでしょう。
両者の違いは、マナーや礼儀正しさにあると言われています。しっかりとしたマナーを身につけておけば、男性から「この子はぜひ友達に自慢したい!」と思われる可能性も高まるのではないでしょうか。


結婚相手に見られたいなら、紹介したい女性を目指そう!

彼に結婚相手として意識されたいなら、単に彼の好みの女性になるだけではなく「友達に紹介したい」や「親戚に紹介しても大丈夫」と思われることも大切です。
男性ウケの良い清楚で男性を立てる女性を狙うことで、一気に結婚が近づくかもしれませんよ。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/12 22:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます