聴覚障がいの父と手話で喃語を話す赤ちゃんに「可愛すぎる!」の声(米)

拡大画像を見る

10年前に出会い2015年1月に結婚したザックリーさん(31)とコートニー・ロテインさん(Courtney Lotane)の間に昨年4月、待望の娘マディソンちゃんが誕生した。

ザックリーさんは耳に障がいがあり、娘が誕生してからというものずっとアメリカ手話(アメリカン​・サイン・ランゲージ、以下ASL)でコミュニケーションをとってきた。

マディソンちゃんの手話による初語は生後7か月で、音声言語よりも先にASLで意味のある言葉を発していた。そうして1歳の時には「ミルク」や「ボール」などの23の言葉をASLで表すことができたという。

一方でザックリーさんと出会った頃はほとんどASLを知らなかったというコートニーさんは耳に異常がなく、娘との会話には手話と音声言語を同時に使用する。そのため現在1歳3か月のマディソンちゃんはママが話す言葉もかなり理解しており、「ブーブ」「マンマ」といった言葉や、長い喃語をよく話すという。

そんな夫妻はSNSに多数の動画を投稿しており、TikTokのフォロワーは21万人超、今年4月に投稿した動画は再生回数が1270万回を超えた。

人々が特に注目しているのはマディソンちゃんとザックリーさんとのやり取りで、今月10日にInstagramに投稿された動画は、音声と手話で喃語を巧みに使い分けるマディソンちゃんが捉えられている。

動画では、車の中にいるザックリーさんが娘にキスをしようとすると、マディソンちゃんは口を大きく開けて応えている。しかしザックリーさんがもう一度「キスをしてよ」と手話で語りかけると、マディソンちゃんは右手を出してザックリーさんの口を押さえて拒否。ザックリーさんが「キスしたくないの? わかった。君の意思を尊重するよ」と手話を使うと、「アダダダダドウ…」と何やら不機嫌そうに話している。そうして今度は両手を大きく振っており、マディソンちゃんなりの手話を使って喃語で会話をしているのだ。

なおこの動画には「可愛すぎる」「父の愛情が伝わってくる」「こんな小さいうちから手話を教えるって素敵」「うちの子もキスしようとすると口を大きく開けるのよ」「なんて貴重な瞬間なの」「ほっこり」「なんて微笑ましいの」「手話の喃語って可愛いね!」「この子の意思を尊重する父は立派」といったポジティブなコメントが多数あがっている。

実はザックリーさん、聴覚障がいを持った子供たちの親へのサポート活動を行っており、SNSの反響に驚きながらもこのように述べている。

「娘と一緒に本を読んだり、娘が手話を使ったりするのを見ることは大好きでね。娘の成長をとても楽しみにしているんだ。」

「それに僕たちのSNSを見てインスパイアされ、ASLを習い始めたという人がたくさんいるんだ。多くの人がASLに興味を持ち、多様性が受け入れられるようになるととても励みになるよ!」

ちなみに昨年4月には、耳に障がいを持って産まれた2歳半の犬が飼い主の「散歩に行くわよ」という手話に反応し、大興奮する様子を捉えた動画が話題となった。

この投稿をInstagramで見る

Court, Zach & Madi(@oursignedworld)がシェアした投稿

画像は『Court, Zach & Madi 2021年1月2日付Instagram「DEAREST HUSBAND」、2021年4月13日付Instagram「Madison Jane Lotane turned ONE last week.」、2021年6月30日付Instagram「Soaking up every single moment with this girl.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 7/12 21:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます