小島瑠璃子「キングダム破局」は人気漫画家が原因だった!?

拡大画像を見る

 タレントの小島瑠璃子(27)が、7月6日放送の『グータンヌーボ2』(関西テレビ)に出演し、昨年交際が報じられた大人気漫画『キングダム』作者の原泰久氏(46)との破局を報告した。一部報道では東京で活躍する小島と、福岡を拠点とする原氏の遠距離での交際によるすれ違いが原因とも言われている。

※動画は「taishu.jp」で

 この2人の破局について、このほど大人気企画『日刊大衆プレゼンツ 芸能ぶっちゃけ座談会』で徹底分析された。

 座談会では、2人の交際が明らかになった際に事務所がとった「ある意外な行動」について、さらに破局に至った原因について「原氏のある思惑」から分析、さらに小島の気持ちを離れさせた「ある決定的な報道」についても話は及び、白熱のトークが展開された。

 出演は、タレントの石岡真衣さん、芸能リポーターの佐々木博之氏、またメディアジャーナリストの浦憲三氏が音声のみで参加し、司会と進行をAKB48の論客として知られる芸能評論家の三杉武氏がつとめた。

 その気になる内容については、以下の動画でぜひご確認を!

https://youtu.be/1wqGMqaITnU

関連リンク

  • 7/12 21:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます