NTTドコモなど3社、資産運用サービス拡充に向けた協業の検討に合意 iDeCo対応も検討

拡大画像を見る

 NTTドコモは、SMBC日興証券、お金のデザインの2社と、各社の保有するビジネス基盤や知見を組み合わせ、「長期・分散・積立」を基本とした資産運用サービス拡充に向けた協業の検討に合意し、2021年7月9日に基本合意契約を締結した。

 楽天カードと楽天証券、三井住友カードとSBI証券の組み合わせで、対象のクレジットカードで投資信託を毎月積立設定で購入すると、所定のレートで購入額に応じた楽天ポイント/Vポイントがたまるサービスが話題になっている。「長期・分散・積立」を基本とした資産運用を、クレジットカード決済のみ付与されるクレジットカードのポイントをきっかけに興味をもってもらおうという試みだ。
 ドコモは、初心者向けのポイント運用(疑似投資)サービス「ポイント投資」や、AIロボアドサービス「THEO+ docomo」、より本格的な資産運用ができる「日興フロッギー+ docomo」などの金融サービスを提供しているが、協業によって、既存サービスの利便性向上に加え、「長期・積立・分散」運用を軸とした、より若年層・投資未経験層が資産運用を始めやすい資産運用サービスを提供していく。
 また、LINE証券など対応サービス・証券会社が増えている税制優遇制度「iDeCo(個人型確定拠出年金)」などへの対応を検討する。さらに、3社の連携によって、保有金融資産全体を対象とするアセットアロケーションの提案や、SMBC日興証券の対面サービスとこれまで提供してきた、オンラインで完結するデジタルサービスの連携などを目指す。
 ドコモは提供中の金融サービスについて「貯蓄から資産形成」をサポートするための取り組みと位置付け、それぞれのライフステージや社会環境の変化に合わせた、高品質で付加価値の高い資産運用サービスを幅広いユーザーに提供することを目指す。
 今回の合意にあわせ、「THEO+ docomo開始で もれなくdポイント最大3,000pt進呈キャンペーン」を実施している。

関連リンク

  • 7/12 18:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます