上沼恵美子が大絶賛した「日本一そばを上手に食べる女優」その理由とは?

拡大画像を見る

 タレントで歌手の上沼恵美子が7月5日、パーソナリティーを務めるABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」に生出演。“ざるそばを日本一上手に食べる女優”として、松たか子を絶賛した。

 番組中、外国人はそばをすすれないという話が出た際、上沼は「ざるそば食べさせて日本一うまいなあっていう女優さんは、松たか子さんやね」と切り出し、「お父さまの幸四郎さん(現・白鸚)と一緒にちっちゃい時からエエそば屋さんに行ってるんです。だから松さんはグルメリポーターやないけど、好きなお店のそば屋(の紹介)をテレビでやってたことある」と、そばを食べる様子を明かした。

 北村真平アナから「おちょぼ口でツルツルっていう食べ方じゃない?」と聞かれると、「じゃないない。本当に上手な、江戸っ子だぜ、みたいな食べ方ですよ。小さい時からお父さんとエエ店行って、エエそばですわ。もう盛りそば、1200円ほどするような店。しゃー、しゃー、しゃーって食べてたから、一緒に行ってた局のアナウンサーがびっくりしてはった。私は素晴らしいと思って」と振り返った。

 さらに「女優さんって、1本ずつ数えながら、あほみたいに食べる人おりますやんか。好かん。“お前は食べるな、そば食べる資格ないんじゃ!”って思いますけど、あれ上品ぶってんねんね。ご飯なんかでも、数数えてるんか?みたいに食べる人」と続け、「松たか子さん、あのそばの食べ方で大ファンになりましたわ。かっちょいーと思いました」と称賛した。

 そばの食べ方にも育ちが出るということか。

(鈴木十朗)

関連リンク

  • 7/12 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます