小沢一郎氏 これでは無期限の緊急事態宣言になる 菅政権の対応「支離滅裂」

拡大画像を見る

 立憲民主党の小沢一郎衆院議員が12日、ツイッターに投稿し、政府が東京都に4回目となる緊急事態宣言を発令したことに、「無期限の緊急事態宣言になる。全てがもう限界」と政府の対応を問題視した。

 小沢氏は「五輪と緊急事態宣言を同時に走らせる総理。支離滅裂。普通、コロナ収束と緊急事態宣言の解除に全力を尽くし、一日も早く国民を苦しみから解放するのが政治。だが、五輪でわざわざ人流を巻き起こし、コロナの感染を拡大させようとしている。これでは無期限の緊急事態宣言になる。全てがもう限界である」と投稿した。

 東京五輪の開幕が迫る中、4度目の新型コロナウイルスの緊急事態宣言が12日、東京都に発令された。期限は8月22日までとなっているが、第5波への懸念もくすぶっている。

関連リンク

  • 7/12 16:48
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 政府のコロナウイルス対策が遅れたのは、野党側の意味不明な追及が原因。コロナウイルス対策が落ち着いてから追及するべきだった。

  • 黙れ💢

記事の無断転載を禁じます