比嘉愛未、ディーン・フジオカは“推し”ではなく“巻きの王子様”

 女優の比嘉愛未が12日、オンラインで配信された木曜劇場『推しの王子様』(フジテレビ系/7月15日より毎週木曜22時)第1話完成報告会に、共演の渡邊圭祐、ディーン・フジオカ、白石聖とともに登壇。比嘉らが共演して感じたそれぞれの印象を明かした。

 本作は、乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲームの総称)を手がけるベンチャー企業「ペガサス・インク」の社長・日高泉美(比嘉)が、借金取りから逃げようとしていた五十嵐航(渡邊)と偶然出会い、無作法で無教養で無気力な航を理想の男性に育てるため奮闘する、“逆マイ・フェア・レディ”な日々を描くロマンチックコメディー。

 比嘉はオファーを受けた時の心境を、「役者人生15年で初めてラブコメディーがきて、純粋にうれしかったです。泉美を演じることで、自分の人生も輝くのかなとワクワクしました」と満面の笑みで回顧。泉美については「等身大の女性で魅力的。葛藤しながらも成長するために奮闘する姿や、好きなものへの真っすぐさ、仲間への愛情がピュアなので、演じていて気付きがたくさんあり、毎日が幸せで贅沢な日々です」と感慨深い様子で打ち明けた。
 
 泉美の相手役を演じる渡邊は、共演シーンが多い比嘉について、「すごく天然。(自身が比嘉の天然行動の)細かいところをしっかりレシーブしていく、リベロ精神がすごく育ってます。比嘉さんは『どうやったらツッコめるのか』と悩んでらっしゃるので、僕が育成していますね。役の関係とは逆です」と暴露。比嘉は苦笑いしながら「ずっとつっこまれる人生なので、渡邊くんから学んでいつかギャフンと言わせたい」と野望を。だが、渡邊は比嘉の推しポイントを聞かれると、「裏表や飾りがなくオープン。絶えず笑顔で現場が和む。すごく尊敬していて、こういう人になりたいとこっそり見てます」と尊敬の念を明かした。

 比嘉は初共演のディーンについて、「お会いした時に『王子様だ』と思って緊張して、変な汗をかきました。イメージ通りで品のある方だけど、中身はピュアで探求心があり、自分に嘘がない方」と明かし、「毎回朝、『今日も巻いていこう』と言っていて。“巻きの王子様”」とも。ディーンは副社長役という役柄もあり「きっちりやることはやって、1秒でも早く帰らせる。作品のためを思って日々現場を巻いております」と凛々しい表情で説明していた。

 また、撮影の合間にはディーンが持ってきた人狼ゲームが流行っているそうで、比嘉は「ハマり過ぎて、芝居にまで影響がいくようになった」と苦笑い。渡邊が「比嘉さんが一番下手です」と断言すると、比嘉は「ウソがつけないし、赤面症なんです。苦手ですが、みんなと仲良くなりたいので率先してトライしています」と照れ笑いしながら明かしていた。
 
 木曜劇場『推しの王子様』は、フジテレビ系にて7月15日より毎週木曜22時放送(※初回15分拡大)。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/12 14:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます