中川大志が演じる殺し屋に「可愛すぎてキュン死」!『ボクの殺意が恋をした』第2話

拡大画像を見る

中川大志主演の連続ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜よる10:30〜)の第2話が7月11日に放送された。育ての親・丈一郎(藤木直人)が鳴宮美月(新木優子)に殺害され、復讐のために殺し屋となった柊(中川大志)。しかし思いとは裏腹に、柊と美月は花火大会で急接近。なぜかロマンティックな胸キュン展開にTwitterでは「笑ってしまう。なんだこれw」「可愛すぎてキュン死」との声があがった。

柊は美月を殺そうとするが、絶望的に間が悪いため目的を達成できないばかりか何度もピンチを救ってしまう。そのため美月から「私のボディーガードになって」と依頼され、気づくと漫画家である美月の職場で秘書兼雑用係として働くことになった。

そんな中、美月は人気モデル・八乙女流星(鈴木伸之)から呼び出される。八乙女は美月の大ヒット作品『ハリネズミ探偵 ハリー』の実写化映画にぜひ出演したいというのだ。しかしそれは表向きの姿で、正体はフリーの殺し屋。彼もまた、何者かの依頼によって美月の命を狙っていた。その目的をすでに知っている柊は、八乙女と対峙する。
「お前が殺す前に、俺が殺す」
「面白い。どちらが先に彼女を殺せるか、デスレースの開幕だ」
Twitterでは「この絡み最高」「鈴木伸之やべぇ奴だw」との声が。

一方、美月は『ハリネズミ探偵 ハリー』にかわる新作を生み出そうと、ひそかに悩んでいた。幼なじみ同士のラブストーリーを描きたいと打ち明ける美月に、柊は幼なじみの初恋相手・葵の面影をみる。美月と葵は同一人物なのか? 試しに柊は小学生の頃、幼なじみと花火大会に行く約束をしたが叶わなかった想い出を話す。だが美月には、そんな経験はないという。しかし……。
「それ、いい」
美月は柊の話を聞いて、花火大会のシチュエーションを新作に取り入れることを思いつく。そして取材のため、柊と花火大会へ行くと言い出すのだった。

2人きりの花火大会は柊にとって、美月を殺す絶好のチャンス。ところが車で会場に向かうと渋滞にはまり、なかなかたどり着けない。すると車の外にバイクに乗った八乙女が現れる。
「よかったら、会場まで送りましょうか?」
八乙女の誘いに乗り、車を降りてバイクにまたがる美月。柊を残し、その場を去る。こうして、柊と流星のデスレースは激しく展開されていく。

柊はやっとの思いで花火会場にたどり着くと、ひとり佇む美月の姿があった。
「勝手に俺から離れるな。ずっと俺のそばにいろ! 俺以外の男としゃべるな!」
まくし立てる柊の姿は、嫉妬をしている恋人そのものだった。Twitterでは「もう殺し屋じゃなくて普通に口説いてるイケメンなんよwww」「笑ってしまう。なんだこれw」「花火の下でロマンティックすぎるシーン」「可愛すぎてキュン死」「あーー言われたい」「ほれてまうやろー」「イケメンっぷりにメロメロ」「新しいジャンルでおもしろかった」との声があがるが、そんな2人を遠くから狙うのが八乙女だ。また、ラストシーンでは美月の知られざる秘密が明かされた……。

【文:高山 惠】

関連リンク

  • 7/12 13:47
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます