燕ファンの出川哲朗 志らくへ「土下座しろと言いたい」戦前予想「眼中なし」発言で

拡大画像を見る

 タレントの出川哲朗が10日深夜にテレビ朝日系で放送された「中居正広のプロ野球魂」で、大ファンのヤクルトについて、戦前「眼中にない」と発言した落語家の立川志らくへ「土下座しろと言いたい」と訴えた。

 番組ではオールスター前にセパ両リーグのファンのタレントが出演し、ここまでの戦いを振り返った。その中で戦前の予想を裏切って?3位と奮闘しているヤクルトファンの出川を前に、中居は「春に(番組を)やったとき、ヤクルト、どうでしょう?って話したとき、古田さん笑ってましたよね?」と横に座る古田敦也氏に水を向け、古田氏は「違う、違う」と慌てて否定。

 すると出川は「いいですか?お時間頂いて」と満を持して登場。そして「一番鼻で笑ったの、あんた(中居)と志らく師匠だからね」と突っ込み「志らく師匠なんて、『ヤクルトは眼中にない』って言われたんだから」とここぞとばかりに訴えた。

 残念ながらこの日は志らくは出演していなかったが「土下座しろと言いたい」とも発言。「だって、ダントツ最下位にされて」と、してやったりの成績に胸を張っていた。

関連リンク

  • 7/12 15:07
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます