神田うの「3度の流産」を告白「1人しか生めなくてごめんと思った時も」

拡大画像を見る

 タレント・神田うの(46)が12日、インスタグラムを更新。第1子女児を出産後に、3度の流産を経験したことを明かした。

 うのは2007年10月にレジャー産業・日拓グループ社長・西村拓郎氏(51)と結婚。11年10月22日に長女(9)を出産している。

 「父のお誕生日会でした」と夫、娘ら家族で76歳になった父親の誕生会を開いたことを写真とともに報告。「『2人の可愛い孫娘に囲まれてグランパ幸せだね』って母が父に言っている姿を見てこちらも幸せな気持ちになりました」と明かした。

 そして「私は娘の後3度の流産をし結局1人しか生めなくてごめんねと思った時もありましたが」(※原文ママ)と悲しい出来事を告白。「多くを望まず、今ある全てに感謝し、幸せを感じられる心を持つ両親の姿を見て私もそうありたいなと思いました」とつづった。

 インスタには「#娘が描いたグランパへのバースデーケーキのプレゼント」と9歳の1人娘が描いた、フルーツがたくさんのバースデーケーキの絵も公開している。

関連リンク

  • 7/12 14:56
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます