本格タイ料理でスパイシー!「かつや」に「マンゴツリー」コラボメニューが登場


国内「かつや」にてタイ料理レストラン「マンゴツリー」監修の「鶏ガパオチキンカツ丼」と「鶏ガパオダブルチキンカツ丼」を7月12日(月)より期間限定で販売中。


同2商品は、店内飲食のほか、お弁当としてテイクアウトもOKだ。

チキンカツと鶏ガパオを丼で合い盛りに


コラボメニューの名前は、「鶏ガパオチキンカツ丼」店内690円(税込759円)/「鶏ガパオチキンカツ丼弁当」テイクアウト690円(税込745円)。食べ応えのあるチキンカツと唐辛子の辛さが本格的な鶏ガパオを丼にして合い盛りに仕上げた一品で、温泉たまごを割りまぜると、味の変化も楽しめる。


もっとお腹いっぱい食べたい人には、チキンカツが2枚のった「鶏ガパオダブルチキンカツ丼」店内790円(税込869円)/「鶏ガパオダブルチキンカツ丼弁当」テイクアウト790円(税込853円)もおすすめだ。

多店舗でも“マンゴツリーコラボ”メニューを販売中

アークランドサービスグループではタイ・バンコクで創業し、世界に広がるタイ料理レストラン「マンゴツリー」とコラボを実施中。「ごちとん」「野菜を食べるカレーcamp」に続き、今回とんかつ専門店「かつや」にも本格タイ料理とのコラボメニューが新登場。第一弾として豚汁定食専門店「ごちとん」で「グリーンカレー豚汁」を、第二弾として野菜カレー専門店「野菜を食べるカレーcamp」で「海老のレッドカレー」を販売中だ。

また、ネット予約実施店舗では「事前予約&決済」で待たずに便利なテイクアウトが可能に。

今年の夏は、気軽にエスニックな雰囲気が味わえそうなメニューに注目だ。

画像をもっと見る

  • 7/12 14:57
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます