藤岡弘、「仮面ライダーは永遠に死なない」原作・石ノ森氏の言葉胸に 後輩へエール

拡大画像を見る

 仮面ライダー1号役を務めた俳優の藤岡弘、(75)が12日、東京・トキワ荘マンガミュージアムで行われた映画「セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記」(22日公開)完成披露イベントに登場し、同作への出演が発表された。

 本作は仮面ライダーシリーズ50周年、スーパー戦隊シリーズ45作品目のWアニバーサリー作品。「仮面ライダーセイバー」に主演する内藤秀一郎(25)、「機界戦隊ゼンカイジャー」の主演・駒木根葵汰(21)と、両シリーズの大ファンで本作に謎の少年役で出演の鈴木福(17)とともに、原作者の石ノ森章太郎氏が青春時代を過ごした聖地で完成を報告した。

 屋外のイベント会場に、藤岡はトキワ荘の入り口からオーラ十分に現れ「ここで仮面ライダーが生まれたと思いますと、こみ上げるものがあります」と感慨深げ。

 石ノ森氏とは一緒に撮影したことがあると明かし「監督をなされた時に『子供たちに焼き付いた感動と思い出は、子供の一生を左右するから真剣に取り組んだほうがいいよ』と言われたのを思い出します。『仮面ライダーはいつ死ぬのか』と聞いたら、『仮面ライダーは永遠に死なないんだよ』と。私の心の中に焼き付いています」と振り返った。

 令和のヒーローを務めている内藤&駒木根へ、照りつける太陽に負けないほどの熱いエールを送った。「未来を背負っていく子供たちに影響を与える存在であることを自覚してほしい。子供たちを失望させないように、背負いながらヒーローに取り組んでもらいたい。50年というと簡単だけど、50年やり続けた大人たちがいたんだ。しっかり胸に刻み込んで頑張ってくれ」と力強く話した。

 エールを受け、内藤は「仮面ライダーとして、一生芝居を続けていくので、自分の役者人生に生かしていきたい」、駒木根も「残り半年間、胸に秘めてヒーローを演じきっていきたいと思います」と決意を新たにしていた。

 4月3日に50周年を迎えた際、藤岡は記念コメントを出した。当時を振り返って藤岡は「その夜に石ノ森先生が夢の中で私にほほえみました。いろんなことを思い巡らす中で(本作の)撮影に入った。こみ上げてきたその思いのままでやらせていただきました」と特別な思いで撮影に挑んだことを明かした。

 最後に「心臓が止まるまで、思いを持って夢を追いながらメッセージを送り続ける。夢をたくし、委ね、残していきたいなと。仮面ライダーを信じています。まだまだ永遠に続いていくことを信じています。確信を持っています」と仮面ライダー1号としての覚悟を語った。

関連リンク

  • 7/12 14:23
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます