復縁には覚悟が必要…元カレと復縁するときのデメリットとは

復縁を願っている女性は、「元カレと復縁すれば幸せになれる」と思っているかもしれません。しかし、一度冷静になってください。復縁は難しい恋愛です。たとえ復縁できても、幸せな状態を保ち続けることは普通のカップルよりも困難なものです。
そこで今回は、「元カレと復縁するときのデメリット」をご紹介したいと思います。元カレとの復縁を望んでいる女性は、「好き」という感情を一度抑え、冷静に考えたうえで決断をしてください。

不安はセットでついてくる

復縁したとしても、一度別れたことのあるカップルは別れることへのハードルが低くなります。そのため、復縁には「別れへの不安」がセットでついてくることを覚悟しておかなければいけません。考え方が極端になりやすく、「付き合うか」「別れるか」の二択になりがちで、ケンカをするたびに「別れようか」というセリフが当たり前のようにでてくる可能性が非常に高いのが復縁カップルの特徴です。
問題が起きたときに「どう乗り越えていこうか」という前向きな考え方ではなく、「やっぱり別れた方がいいのかもしれない」というマイナスな考え方に偏りやすい復縁には、不安が常につきまとってくることは忘れないでください。

距離間を保てなくなる

復縁カップルは別れへのハードルが低くなるのと同時に、復縁に対するハードルも低くなっています。「別れても元に戻ろうと思えばいつでも戻れる」という中途半端な考えが、頭のどこかに染みついてしまい、「言ってはいけないこと・やってはいけないこと」などの道徳観が希薄になりやすくなります。
結果的にお互いの距離間を保てなくなってしまうため、最悪、共依存に陥ってしまうことも。お互い遠慮せずに素の姿で付き合えるのはいいことなのですが、相手との境界線が曖昧になりやすい復縁には、通常よりも強い理性が必要なのです。

関係がリセットされることはない

よく「復縁するにはある程度の期間を置き、彼氏と新しい関係をつくる気持ちで付き合うことが大切」だといわれますが、冷静に考えてみてください。一度付き合い、別れた彼氏と新しい関係を築くことはほぼ不可能だと思いませんか?
もちろん、復縁したばかりの頃は新鮮な気持ちで付き合うことができるため、「2度と同じ間違いは繰り返さないように大切にし合おう」とお互い誓いますが、時間がたって新鮮な気持ちが失われた瞬間、あっという間に復縁する前の関係に戻ってしまう場合がほとんどです。一度染みついた関係がリセットされることはありません。
復縁するのであれば、別れる前の思い出も引き継ぐ気持ちで復縁する覚悟が大切です。いくら「好き」という気持ちがあったとしても、それだけではうまくいかないのが復縁です。

まとめ

元カレへの気持ちが断ち切れないと、復縁を望んでしまうこともあるかもしれません。しかし、復縁を望むということは、つらい思いをしながらも別れを受け入れた過去の自分の頑張りを無駄にすることと同じです。元カレがいなければ幸せになれないわけではありません。あなたが幸せになるためには、復縁以外にもたくさんの方法があることを忘れないでください。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/12 3:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます