「パワーワード」ってどんな意味?知っておきたい《正しい意味と使い方》はコレ!

友人との会話やSNS上のやりとりで、「パワーワード」というフレーズを聞いたことはありませんか?今回は「パワーワード」の意味と使い方、由来をご紹介します。使ってみたいけど、どんなときに使えばいいかわからないと思っている人必見ですよ。

「パワーワード」の意味


「パワーワード」は、「力のある言葉」という意味で、影響力のある言葉やインパクトのあるフレーズを表現するときに使います。「説得力のある言葉」「自分を励ます言葉」という意味も含まれていますが、近年は「インパクトのある言葉」という意味が主流になっているようです。類語には、物事の本質を上手に表現することを意味する「名言」があります。ビジネスシーンやかしこまった会話では、「名言」を使うのがよいでしょう。ほかにも似たようなニュアンスを持つ言葉として「流行語」「格言」「金言」などがあります。

「パワーワード」の使い方


「パワーワード」は、相手が発した言葉やSNSの文章に対して、「インパクトのある強烈な言葉」を指すときに使います。おもしろい言葉や単語の組み合わせを聞いたり見たりしたときに、「○○ってすごいパワーワードだね!」、「○○というパワーワードが忘れられない」このような言い回しをします。ビジネスシーンでは、「パワーワード=相手に訴える言葉」という風に、少し意味のニュアンスが変わります。パワーワードで説得力やインパクトを与えて、仕事や交渉をスムーズに進める会話術としても使われます。

「パワーワード」の由来


「パワーワード」は、「power(力)」と「word(言葉)」を組み合わせた合成語です。語源ははっきりとわかっていませんが、アメリカのRPGゲームで呪文として用いられていたのが、元ネタという説があります。ネットスラングとして広まったのは、Twitterで連載されたサイバーパンク活劇小説「ニンジャスレイヤー」のツイートで使われたのが、きっかけなのだそう。ファンの間で「パワーワード」がネタ用語として多用されたことから、この言葉が広まったと言われています。

まとめ


パワーワードは、「インパクトのある言葉」という意味があるということがわかりました。強烈な印象が残る強いフレーズに対して使うと、会話がスムーズに進みますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/12 6:45
  • lamire

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます