悲願達成ならずも…サウスゲート監督は選手たちを擁護「全力を尽くしてくれた」

拡大画像を見る

 イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督が、イタリア代表戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 EURO2020決勝が11日に行われ、イングランドはイタリアと対戦。2分にルーク・ショーのゴールで先制したものの、67分に同点弾を許し試合は振り出しに。このまま90分が終了し、延長戦でも決着はつかずPK戦に突入。3人が失敗し、2-3で敗れた。

 サウスゲート監督は試合後、「私たちはとても失望している。選手たちは絶対的な功績を残してくれた。彼らは可能な限りの全てを捧げてくれた。今夜もそれは同じで、彼らは全力を尽くしてくれた」と語った。

 PK戦で敗れたことには「私たちは十分な準備ができていて、うまく始めることができた。でも残念ながらうまくいかなかった」と振り返った一方で、PKを失敗した選手たちについては「それは私の責任だ」と自身に責任があることを強調した。

「私は彼らが行っていたトレーニングから基づいてPKキッカーを選出した。そして誰も一人ではない。私たちはチーム全員で勝ち進んできて、そして今夜勝つことができなかったのも私たち全員だ。PKに関しては私の判断であり、完全に私の責任だ」

 また、サウスゲート監督はPK戦で最終キッカーを務め、失敗したブカヨ・サカについても言及。「彼は一人ではない。彼はスーパーボーイで、ロッカールームではとても人気もある。素晴らしい大会を過ごして、間違いなくスターだった。これからもスターであり続けるだろう。今夜も決勝という舞台で、途中から出場して優れたパフォーマンスを見た。私たちは彼をサポートするためにいなければならない。でも、この大会でしたことを見れば、彼は外部からもたくさんの愛を得ると確信している」と擁護した。

関連リンク

  • 7/12 10:11
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます