乃木坂46、日本美術と融合! 展覧会<春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46>開催決定 

<春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46>が、9月4日(土)から11月28日(日)まで東京国立博物館 表慶館で開催される。

同展は、春夏秋冬の花が表現された7点の日本美術の古典と、乃木坂46を重ね合わせて紹介する展覧会。

メンバー1人ひとりを花に見立て、各美術作品の造形的な本質を現代的に解釈した大型映像インスタレーションを制作・展示。乃木坂46の映像と文化財に重ねることによって、乃木坂46と日本の文化、現代の日常/自然が地続きの存在であることを証明する意欲的な内容となる。

映像作家として池田一真や東市篤憲など7名が参加し、1人1作品を担当。美術作品と乃木坂46がパフォーマンスする撮り下ろしの映像を融合させることで、独自の世界観を創り出す。

最先端ディスプレイや映像技術、ユニークな展示方法により、日本美術の古典の本質を映像インスタレーションにどう浮かび上がらせるか、という7名の映像作家のこれまでにない挑戦も見どころに。古典を映像により現代のものとして解釈し直す“古典×現代”も同展の重要なテーマとなる。

開催趣旨
本展は日本美術と乃木坂46を接続する、意欲的な展覧会です。

日本美術。そこに描かれた自然、季節、花々は、何百年も前に描かれたものですが、今も私たちの日常を取り囲み、変わらず存在しています。

人によっては、特に若い人は、もしかすると日本美術のことをやや縁遠く感じてしまう方もいるかも知れません。しかし、日本美術を鑑賞するためのちょっとしたルール/コードを理解すれば、そこに描かれた自然、季節、花々が目の前で映像のように驚くほど鮮やかに再生され、今を生きる私たちの日常とつながりだします。

そのような“気づき”にアクセスするために、必要となるキーが『乃木坂46』です。乃木坂46は、穏やかな日常/自然を言葉、歌を起点とし、ビジュアルとして世に広げ、そこに希望を託していきます。この『乃木坂46』を『日本美術』に置き換えてもそのまま成立する。嘘でも何でもなく、乃木坂46はまさに日本美術の延⻑線にある存在だからです。

本展では、季節の花が描かれた7点の日本美術を紹介します。その日本美術の本質を7人の映像作家が解釈し、大型映像インスタレーションとして展開していく。それは日本美術作品の7つの映像批評と言えるものです。

乃木坂46が表現し、時に彼女たちが日々パフォーマンスしている歌詞、世界観を補助線として用いることで、日本美術が乃木坂46と、そして私たちが生きる日常/自然とが地続きの存在であることをつまびらかにしていきます。

見どころ
・乃木坂46が日本美術の花々と共鳴する、映像を使った7つの作品批評。気鋭のクリエイターによる映像と日本美術のコラボレーションを楽しめます。
・<春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46>は展覧会のテーマ同様、空間デザインのテーマも“古典×現代”としています。本展覧会が行なわれる東京国立博物館の表慶館は、明治に建てられた日本初の本格的な博物館とも言われる建築物。重要文化財にもなっているそんな建築物の“古典”の中に、黑の角柱による“現代”的な構造体を作り上げ、“古典×現代”が対比的に活きる空間を演出しました。
・表慶館は外光が入る窓や天窓が備わっています。その日の天候や季節によって、表慶館への光の入り方が変わり、作品の表情が移ろう、天気と季節を取り込んだ一期一会の鑑賞体験を提供します。

春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46
会期:2021年9月4日(土)~11月28日(日)
会場:東京国立博物館 表慶館(東京都台東区上野公園13-9)
主催:東京国立博物館、文化財活用センター、ソニー・ミュージックエンタテインメント、文化庁、日本芸術文化振興会
制作協力:NHKプロモーション、中山マネジメント

※入館は事前予約制。
※開館時間、休館日、入館方法、観覧料チケットの発売日などは随時、公式サイトや公式SNSで発表いたします。

関連リンク

公式サイト公式Twitter公式Instagram

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/12 9:45
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます