コメンテーターが再びリモート出演 MC羽鳥慎一「これが最後になれば」

拡大画像を見る

 テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」は12日、再びコメンテーターがリモート出演する形で始まった。

 キャスターの羽鳥慎一が「東京は今日から緊急事態宣言ということになりますのでコメンテーターの皆さん、今日からリモートでの出演となります。これが最後になればいいなと思いますが、よろしくお願いします」と、画面に呼びかけ。

 リモート出演のタレント・石原良純、弁護士・山口真由氏、テレビ朝日・玉川徹氏の3人も神妙な表情で頭を下げた。

 3人のコメンテーターは、3度目の緊急事態宣言の解除初日となった6月21日に約2カ月ぶりとなるスタジオ入り。山口氏が「何か、今日皆さんに会って、すごいうれしい気持ちになっちゃった。やったー、うれしい!と思って」と率直に喜びを表現するなど、感激の再会を果たしたばかりだった。

関連リンク

  • 7/12 8:34
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます