渡辺徹 妻と長男3人で仕事復帰「照れくさい」郁恵は「楽しい」大動脈弁狭窄症手術で4キロ減

拡大画像を見る

 5月に大動脈弁狭窄(きょうさく)症の手術を受けて療養していた俳優・渡辺徹(60)が11日、都内で妻・榊原郁恵(62)、長男・渡辺裕太(32)と取材に応じ、仕事復帰を果たした。還暦&デビュー40周年を記念した「徹まつり」の第1弾企画として朗読劇「家庭内文通」(9月25日、東京・草月ホール)で、親子3人の初共演も決定。病からの回復と家族の絆をアピールした。     

 写真撮影中も和気あいあいと軽口をたたき合う姿に、仲のよさが表れた。親子3人の仕事復帰に「照れくさいですね」という渡辺に対し、榊原は「楽しい」と声を弾ませた。

 約1カ月の入院で体重は4キロ減。心臓強化のために、渡辺は週2回、リハビリに通っている。忙しい仕事の合間を縫っての3食の用意など、献身的な妻のサポートには「よくやってくれてますね。ありがたいなと、初めて思いました」とジョーク混じりに感謝。そんな2人に、裕太も「あらためてすごい人だな、すごい両親だなと思いました」と、尊敬のまなざしを向けた。

 榊原は夫の病が見つかる前を振り返り、異変は感じていたことを明かした。「今回、初めて弱気な言葉を聞いたんです。『オレ、ちょっと無理かもしれない』って」。6月に予定されていた舞台への不安を吐露する姿に「虫の知らせじゃないけど、大変なことが起きる予兆かも」と受け止めていた。ただ、病気の判明後は、医師や周囲から手厚く支えられる夫に「守られている人だなと。全然、心配なかったんです」と振り返った。

 9月の朗読劇は、渡辺自ら依頼した岡田惠和氏の脚本。当初は夫妻での出演想定だったが、岡田氏を尊敬する裕太が、事務所を通じて正式に父に出演を懇願。「40周年と還暦、この父親の節目の機会でご一緒させてもらいたい」という愛息の気持ちに、父も「ならば家族だけで」と3人の初共演が決まった。

 さらに強まった感のある家族の絆。渡辺は親子3人共演に「相当なエネルギーを出さざるを得なくなる。それが楽しみ」と期待感を募らせ、榊原も「家族だから遠慮なく何でもぶつけられる。親としても、俳優・渡辺裕太を体験できるしみなさんに見ていただけるし、二重に楽しみ」と心待ちにした。

関連リンク

  • 7/12 7:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます