SUVが大人気な今、あえて「セダン」を選ぶ意味をBMWが教えてくれた。

街を見れば、とにかくSUVが大人気だ。ラグジュアリーからスポーツまで、各メーカーがこぞって新作を発売している。

こんな状況において、セダンを選ぶ意味はなにか?

東京の街をドライブするのに相応しい優美さを兼ね備えた、BMWの「2シリーズ グラン クーペ」が、改めてセダンの魅力を教えてくれるのだ。



※緊急事態宣言中の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

個性を表現するに最適な一台。それがセダン。


ひと昔前までは、セダンの方が快適で走りがいいという明快な理由があった。

当時のSUVは乗り心地が悪く、遅くて燃費も最悪。しかし、技術の進歩とともに、これらの弱点はほぼ消え失せて全世界的なブームになった。

BMWの「2シリーズ グラン クーペ」は、そんな逆境の中で生まれながら、今、セダンに乗る意味を教えてくれる。

それは、置かれた立場がスーツと似ているのだ。

オフィスでのドレスコードの緩和が一気に進み、ジャケパンはもちろん、業種によってはデニムにTシャツも認められている昨今。

するとスーツをサラリーマンの仕事着としてではなく、いいレストランやホテルなどに行く〝ハレの日〞にあえて着る大人が増えた。

セダンももはやファミリーカーではなく、自分のスタイルを表現するお洒落アイテムへと変わりつつある。


飾り立てるのではなく、機能性を重視したBMWらしいすっきりとしたインテリア。

そして、前を走る車両に追従する機能やスマホとの連携など、高度な操作を直感で行えるので、運転に集中できる。

キャビンと荷室が、完璧に分離されていることもセダンの特徴。開口部の広いトランクは使い勝手抜群

あえて乗るならひねりの効いた、個性あふれるデザインがいい。


BMWは、このモデルを4ドアセダンではなく〝4ドアクーペ〞だと主張する。

流線型のスポーティなフォルムはなるほど、昭和の〝おじさんセダン〞とはひと味違う華やかな美しさを放つ。

まるで光沢のある素材で仕立てたスタイリッシュなスーツのように、経験を積んだ大人にこそ似合う1台なのだ。



そんな大人のセダンで向かいたいのが、予約の取れない名店がオープンさせた甘味処『廚 菓子くろぎ』だ。

コース仕立てで自慢の和食まで提供するという、こだわる大人に相応しい1軒である。

日本料理の名店『くろぎ』が手がける甘味を楽しめるのが…… 『廚 菓子くろぎ』


『くろぎ』が、かつて店を構えていた湯島にオープンした甘味処。

ここでは、作りたての甘味を単品のほか、「甘味割烹」4,200円~というコースで提供している。


こちらはまず、本家のスペシャリテ「焼き胡麻豆腐」を中心にした軽い食事が登場。

続いてメインとして「かき氷」か「わらび餅」のどちらかを選ぶという流れだ。

今なら枝豆をこし餡や醤油クリームなどと合わせた、期間限定かき氷でさっぱりと涼みたい。

「BMW 2 SERIES GRAN COUPE」

現在のBMWのモデル名は、奇数がオーソドックス、偶数がモードなデザインとなる。

正統派の1シリーズをベースに、スタイリッシュなデザインを与えたものが2シリーズ「BMW 2 SERIES GRAN COUPE」。

ブランドの象徴でもある“キドニーグリル”と、鋭い眼光のヘッドランプを合わせた精悍なフロントマスクや、美しい弧を描くルーフなどで魅せる小型の4ドアクーペだ。

3,690,000円~(BMWカスタマー・インタラクション・センター TEL:0120-269-437)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/12 5:02
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます