櫻坂46と日向坂46が“聖地”富士急で合同ライブ「高め合っていきたい」

拡大画像を見る

 アイドルグループ・櫻坂46と日向坂46が11日、山梨・富士急ハイランドコニファーフォレストで合同ライブ「W-KEYAKI FES.2021」を開催した。同所では2017年から「欅共和国」を開催。その“欅”の流れを汲む2組の姉妹グループが初めて“聖地”に集った。

 今回の合同ライブは、成長を互いにたたえ合う場として設定された。野外の開放感も相まり、メンバーはハイテンション。総勢46人による約2時間30分のステージで櫻坂、日向坂ともに11曲ずつを披露。最後は合同で「W-KEYAKIZAKAの詩」を熱唱した。

 9日は櫻坂が、10日は日向坂が単独ライブを行い、ステージに立たない方のグループはそれぞれ全員が現場で世界観を堪能。日向坂のキャプテン・佐々木久美は「櫻坂さんは美しい、神々しい」と話せば、櫻坂のキャプテン・菅井友香は前日の天気が晴れたことに触れ「日向坂さんだから快晴になったのかな」と声を弾ませた。

 富士山を臨む壮大なステージでの競演は、それぞれのグループに大きな刺激となった。両グループとも「根っこは同じ」と強調した菅井は「お互いにつらい時期とかあったと思うけど、乗り越えて集まることができて感無量」と感傷に浸り「(今後も)高め合っていきたい」と決意を新たにした。

関連リンク

  • 7/12 0:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます