ことわざで聞いたことある人も多いはず【狢】これ読める?

今回は、ことわざで聞いたことがある人が多いであろう「狢」という漢字。

ヒントでことわざも紹介するので、きっとあなたもわかりますよ。
特徴のあるわかりやすい漢字だから、この機会に覚えましょう!

(1)「狢」ってどう読むの?ヒント


ことわざとセットなら覚えやすいですが「狢」単体で見ると頭の中ハテナだらけ。

でも「けものへん」なので、もしや動物?と想像はできますよね。
では難読漢字「狢」のヒントをお伝えしましょう。

ヒント1、狢は「3文字」で読みます。
ヒント2、狢は「〇じ〇」と読むのです。
ヒント3、「同じ穴の狢」

ヒント3で読めた人!おめでとうございます。
(『広辞苑』より)

(2)「狢」の読み方


では、「狢」はどう読むのか、正解の発表です!
「狢」とは「むじな」と読みます。

読み方が分かったけど、「むじな」って何?という感想を抱いたあなた。
意味についても理解を深めましょう。
(『広辞苑』より)

(3)「狢」の意味


「狢」には意味が2つあります。
まず1つめは「アナグマの別の呼び方」なのだそう。

そして2つめ、「狢」はタヌキとも色合いが似ています。
ゆえにタヌキと混同されることが多く、「タヌキ」をムジナと呼ぶことがあるそうです。
(『広辞苑』より)

(4)そもそも「アナグマ」がわからない……


「狢」の意味が「アナグマ」だと分かっても、そもそも「アナグマ」って?
そんな「アナグマ」がわからないあなたのために「アナグマ」について解説します。

「アナグマ」とは、食肉目いたち科の獣なのだそうです。
胴が淡い黄褐色をしており、四肢は黒色をしています。

タヌキのようにほら穴に住んでおり、四肢は太くて短く、前趾の爪が長い特徴があります。
ちなみに「アナグマ」は漢字で「穴熊」と書きますよ。
(『広辞苑』より)


書きにくい漢字はどうしても平仮名で表現することが多いです。
そのせいで、言葉はわかっても漢字になるととたんにわからなくなるのです。

これからは、普段の生活の中で難読漢字に少し意識を向けてみませんか?

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/11 21:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます