フードデリバリー配達員が逮捕、車内にあった商品を代わりに届けた警察官(米)

拡大画像を見る

米アーカンソー州ジョーンズボロ警察のタイラー・ウィリアムズさん(Tyler Williams)は先月29日、同僚のレヴィ・チズムさん(Levi Chism)がフードデリバリーサービス「DoorDash」の配達員を逮捕したことで応援要請を受け、現場に駆けつけた。

この配達員は22歳の男で、必要な自動車保険に加入しておらず、免許停止中にもかかわらず運転していたという。レヴィさんが配達員を逮捕して連行すると、タイラーさんは車をレッカー移動させる手配をしていた。

その際に車内を確認すると、白いビニール袋に入った商品を発見し、逮捕した男が配達の途中であることに気付いた。この商品を待っている人がいると考えたタイラーさんは、車内で確認し配達先のシェリーさん(Sherry)に商品を届けることにした。

タイラーさんが配達した当時の様子はボディカメラが捉えており、パトカーを降りて民家に向かったタイラーさんが玄関をノックすると1人の男性が現れた。突然現れた警察官の姿を目にした男性は、周辺で事件があったのか、それとも心当たりはないが自身や家族が何かしてしまったのかと多くの考えが頭によぎったに違いない。そんな男性にタイラーさんは「すみません、シェリーさんはいらっしゃいますか?」と尋ねた。

男性が奥の部屋を指差すと、1人の女性が顔を覗かせた。タイラーさんは「立ち上がらなくても大丈夫ですよ。あなたはシェリーさんですか?」と本人確認をすると、「商品を届けていたDoorDashの配達員が逮捕されたので、あなたの料理を持ってきました」と説明した。

シェリーさんも警察官の訪問に驚いていたようだが、真相が分かると笑いながら「ありがとう、素晴らしいわ」と感謝を述べた。タイラーさんも笑いながら持ってきた商品をそばにいた男性に手渡すと、「じゃあ食事を楽しんで!」と告げて和やかな雰囲気で帰っていった。

完全に職務外の仕事だが、タイラーさんの親切なこの対応が同警察のFacebookに投稿されると、「素敵な対応だね」「市民のことをきちんと考えられる素晴らしい警察官だ」「シェリーさんは最初緊張しただろうけど、ちゃんと食事が届いて良かったね」「チップは貰えたのかな?」「こうした親切な人がもっと増えてほしい」とタイラーさんの行動を称賛する声が届いていた。

ちなみに今回の件を受けて、DoorDashは「地域の安全性については非常に重要な項目であり、私たちは今回の報告を真摯に受け止めています。該当のドライバーとの契約を解除し、可能な限り捜査に協力していきます」とコメントを発表している。

画像は『Jonesboro Police Department 2021年7月2日付Facebook「Y’all, I can’t make this up...」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 7/11 21:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます