山口二郎教授「あの頃の自民党は立派だった」

拡大画像を見る

 山口二郎法政大学教授が11日、ツイッターに新規投稿。「自社さ」連立政権時代を振り返り、「あの頃の自民党は立派だった」と懐かしんだ。

 山口教授は、立憲民主党の枝野幸男代表が、自民党、社会党、新党さきがけ連立政権で首相を務めた村山富市氏を大分市内の自宅に訪ねたとの報道を引用。

 「ご老体、お元気で何より。立憲民主党が目指す政権像は当時の自民党を含む村山連立政権であるべきと思う。あの頃の自民党は立派だったなあ」と1990年代の自民党に思いを馳せた。

関連リンク

  • 7/11 20:50
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます