疑ってるわけではないけど... 彼に愛されてるのに不安になる理由は?

拡大画像を見る

彼は常にしっかりとした愛情表現をしてくれて、浮気なんて絶対にする人じゃないと分かっているのに、なぜか不安な気持ちが尽きずに辛い思いをする女性は多いと言われています。
では、なぜ彼のことを信じていて愛されている実感もあるのに不安になってしまうのでしょうか。複雑な女性心理を解説していきます。


元々ネガティブ思考

彼に原因はなく、単に元からネガティブ思考が癖になってしまっている女性は常に不安になりがちです。ネガティブ思考のせいで、常に彼にフラれる想像をしてしまうのではないでしょうか。知らない間に彼に依存しすぎているのかもしれません。
彼を束縛して重い女にならないように、彼といる間だけでもネガティブ思考は捨てるように努力しましょう。


彼に対して後ろめたさがある

何か彼に対して後ろめたいことがあると、彼の愛情を信じられなくなるケースもあります。元カレの人数や経験人数で嘘をついていたり、学生時代にいじめっ子だったりといった彼に話していない過去はないでしょうか。
そうした隠している過去があると、いつか彼に知られてフラれてしまうかもしれないという不安をなくすことは難しくなります。


女の勘が働いていることも!

実は周りからも評判が良く素敵な彼であっても、陰で浮気をしている可能性もあります。そういう彼の場合、わけもなく不安になるのはもしかしたら女の勘が働いているのかもしれません。彼は誠実なフリをして、陰で浮気をしていないでしょうか。
浮気をしていなくても、付き合いが長くなるとモラハラやDVなどの不安要素を見せてくるかもしれません。どうしても不安になる時は、自分の友達だけではなく両親などの経験豊富な人に会ってもらい、相談してみるのも良いのではないでしょうか。


愛されていても不安になるなら原因を考えてみよう!

愛されているのに不安になるのなら、必ず何か原因があるはずです。自分の性格や過去が原因だったり、何か他の隠された原因があるのかもしれません。
どうしても彼に対して不安な気持ちがなくならない場合、本心から彼のことを信じるためにも一度原因を考えてみるのも良いのではないでしょうか。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/11 20:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます