有吉「歳をとればとるほど好きになる」いま夢中になっている“ロケ弁”とは?

拡大画像を見る

有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」。7月4日(日)の放送は、アシスタントにタイムマシーン3号の関太と山本浩司を迎えてお送りしました。


(左から)関太、有吉弘行、山本浩司



有吉は、崎陽軒(きようけん)から「おうちでジャンボシウマイ mini」が発売された話題を切り出します。これは巨大なシウマイの生地のなかに、ひと口サイズの「昔ながらのシウマイ」が22個入っているというもの。

シウマイの話題に移る前、山本の刺身の食べ方で論争を繰り広げていた有吉は、「(巨大なシウマイの)外の皮が分厚くて食べるのが大変そうじゃん。それこそお茶漬けにしないと(笑)」と言い、“山本の刺身茶漬け”をだしに茶化します。

崎陽軒と言えば、長きに渡ってテレビ局などで用意されるお弁当の定番「シウマイ弁当」が有名。有吉は、若い頃こそ崎陽軒のお弁当に対して、「冷めたシウマイよりは、餃子のほうがいいと思っていた」とそこまで魅力を感じていなかったものの、「歳をとればとるほど崎陽軒の『シウマイ弁当』が好きになっていくんだよね」と大きな変化があったことを明かします。

さらには「昔はピンとこなかったけど、最近は崎陽軒の『シウマイ弁当』があると、お腹いっぱいの状態でもつい食べちゃうのよ。それで、家に持って帰って次の日にお茶漬けで(笑)」と再びお茶漬けネタで笑いを誘う有吉。

そして、タイムマシーン3号の2人に向けて「おうちでジャンボシウマイ mini」と同じシステムで“あったらいいなと思う食べ物”を聞いてみると、関は「最初に驚きがほしいと思うので……」と前置き“オムライス”と提案。ジャンボオムライスを割ったら小さいオムライスが出てくるという仕掛けを説明するも、有吉からは「そんなわけないだろ。なんだよそれ、バカじゃないの」と苦笑い。

相方のミスを挽回しようと、山本が「肉まんがいいんじゃないですか? かわいらしいドーム型で」とぼそっとつぶやくと、有吉は「……代わり映えしね~な! シウマイと一緒じゃねーかよ。アイデアゼロかよ、バカ(笑)」と猛批判。これに関も、「これは受け入れたほうがいいよ。後輩に舐められる」と乗っかります。そんな2人からの指摘に、山本は我に返り「自分でも衝撃でした……」と猛反省。「驚いたよ。(衝撃すぎて)声が出なかったもん」とうなだれる有吉でした。

<番組概要>
番組名:有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00~21:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国23局ネット
パーソナリティ:有吉弘行
番組Webサイト:http://www.jfn.jp/dreamer
スマホアプリ 「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!

関連リンク

  • 7/11 19:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます