【セレクトセール2021注目馬】種牡馬として好発進した“幻のダービー馬”の半弟

拡大画像を見る

 2021年7月12、13日の2日間、北海道苫小牧のノーザンホースパークで行われる日本最大のセリ市・セレクトセール。その注目馬を紹介する。

上場番号108:シルヴァースカヤの2020(牡)
 父ハーツクライ、母シルヴァースカヤ、その父Silver Hawkという血統。誕生日は2020年1月28日、生産牧場はノーザンファーム、飼養者はノーザンファームYearling。

 母シルヴァースカヤは海外で5勝、ロワイヨモン賞(仏G3・芝2400m)、ミネルヴ賞(仏G3・芝2500m)と重賞2勝を挙げている。半兄には“幻のダービー馬”と呼ばれ今年産駒がデビューしたシルバーステート(父ディープインパクト)、新馬戦では後のダービー馬ワグネリアンと大接戦を演じたヘンリーバローズ(父ディープインパクト)がいる。

 シルヴァースカヤの産駒はここまで3頭がセレクトセールに上場。前述のヘンリーバローズは2015年に1億2960万円、リストは2017年に2億8080万円、マンインザミラーは2018年に1億9440万円(すべて税込)と3頭とも高い評価をされ1億円を超える価格で取引されている。

 父ハーツクライは先日、種牡馬引退が明らかになった。2021年は種付けを行っていないため残りの産駒は2020年産、2021年産の2世代。今年のセレクトセールでは2020年産は19頭、最終世代の2021年産は3頭が上場予定。ハーツクライ×シルヴァースカヤは初のセレクトセール上場に加え、購入する機会が限られてくるハーツクライ産駒に市場の評価はどうなるか注目が集まる。

関連リンク

  • 7/11 18:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます