【プロキオンS結果】9番人気メイショウカズサが快勝 2着3着も人気薄の大波乱

拡大画像を見る

 11日、小倉競馬場で行われたプロキオンS(3歳上・GIII・ダ1700m)は、好位でレースを進めた松山弘平騎手騎乗の9番人気メイショウカズサ(牡4、栗東・安達昭夫厩舎)が、直線で先行2頭を交わして抜け出し、2着の14番人気トップウイナー(牡5、栗東・鈴木孝志厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分40秒9(重、コースレコード)。

 さらに2馬身差の3着に12番人気メイショウウズマサ(牡5、栗東・安田隆行厩舎)が入った。なお、3番人気ダノンスプレンダー(牡5、栗東・安田隆行厩舎)は4着、1番人気サンライズホープ(牡4、栗東・羽月友彦厩舎)は6着、2番人気ウェスタールンド(セ9、栗東・佐々木晶三厩舎)は7着に終わった。

 勝ったメイショウカズサは、父カジノドライヴ、母プレシャスエルフ、その父コロナドズクエストという血統。前走・4月のアンタレスSでは15着だったが、見事巻き返して重賞初制覇を果たした。

<プロキオンSダイジェスト>

※スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

関連リンク

  • 7/11 15:40
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます