青木理氏 五輪「政権場当たり的。ズルズル決断遅れ大混乱」感染再拡大「皆言ってた」

拡大画像を見る

 ジャーナリスト青木理氏が11日、TBS「サンデーモーニング」に出演。開幕1カ月を切ってから有観客開催を断念した東京五輪について「オリンピックもワクチンも同じなんですけど」としたうえで「精一杯やっての混乱とか、科学的合理的理由に基づいての多少のずれとかなら、多くの人がなるほどと思うと思うんですが、政権の思惑で振り回され、場当たり的で決断が遅い」と指摘した。

 東京に4度目の緊急事態宣言が発令されることになり、有観客開催も断念となったが、「そもそも、リバウンドするというのは科学者、専門家の方々も皆が言ってたわけですよね」としたうえで「無観客と早く決めておけば、警備、医療、関係業界、もっと早く準備できて無駄も少なかったのに、ずるずると決断が遅れて結局大混乱」と指摘した。

 「情報示して科学的合理的な見地からやってほしいとずっと言ってるんだけれども、一向に行われず、いまも繰り返されている。このまま本当にオリンピックいって大丈夫なのかな」と不安視した。

関連リンク

  • 7/11 17:16
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます