中居 大谷翔平に興奮も 本塁打競争が心配「4分ずっとホームラン狙ったら体が」

拡大画像を見る

 中居正広が11日放送のフジテレビ「ワイドナショー」に出演。エンゼルス・大谷翔平投手の投打大活躍に興奮しつつ、どうしてもけがや調子を崩すことを心配してしまう野球ファンの心理を語った。

 松本人志が「僕そんな興味ないんですよ。ところが、こと大谷になると、さすがに見ちゃいますね」と言い、「おれが知り合いなら盗塁やめへん?怖い。これでけがしたら」と心配した。

 これに中居は「僕も走るのだけはと思うけど」としつつ、NHK番組で落合博満氏が「けがを怖がってプレーしていたらけがをする」と指摘していたことを紹介した。

 一方で中居は「今度オールスターでホームラン競争に出るんですよ。これで壊さないか」とも案じた。

 辞退する選手も多いことを指摘し「8人でトーナメント制。4分打ちまくる。たぶん1分10スイングで、40スイングくらいすると思う。それを(優勝するには)3回。ボクサーでも3分じゃないですか。4分ずっと、ホームランばっかり狙ってると、体がどっかしら狙っちゃうフォームが固まっちゃうんじゃないか」と、楽しみな一方で、心配もあることを語った。

関連リンク

  • 7/11 14:58
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます