【セレクトセール2021注目馬】60%がOP馬? 成績抜群ノーザンファーム生産のバゴ産駒

拡大画像を見る

 2021年7月12、13日の2日間、北海道苫小牧のノーザンホースパークで行われる日本最大のセリ市・セレクトセール。その注目馬を紹介する。

上場番号88:オーマイベイビーの2020(牡)
 父バゴ、母オーマイベイビー、その父ディープインパクトという血統。誕生日は2020年3月20日、生産牧場はノーザンファーム、飼養者はノーザンファームYearling。

 母オーマイベイビーはJRAで未勝利も半兄は朝日杯フューチュリティS(JpnI・芝1600m)を逃げ切りその年の最優秀2歳牡馬に選出されたゴスホークケン。今年の皐月賞(GI・芝2000m)、日本ダービー(GI・芝2400m)で3着に好走したステラヴェローチェは全兄、半姉には6月6日の新馬戦で快勝したクレイドル(父クロフネ)がいる。

 ノーザンファーム生産のバゴ産駒は2019年産までで血統登録されたのが5頭、デビューしたのが4頭でその4頭すべてJRAで勝利を挙げている。その中からクロノジェネシス、ステラヴェローチェ、ブラックバゴとオープンクラスの馬を生産している。母数が少ないにしてもこの数字は驚異的で、ノーザンファーム生産のバゴ産駒は堅実性だけでなく実力も備えている馬が多い。

 全兄ステラヴェローチェは2018年のセレクトセールで6480万円で落札。全弟となる本馬は今年のセレクトセールに唯一上場されるバゴ産駒でもあり、大きな期待がかかる。

関連リンク

  • 7/11 11:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます