古市憲寿、夏らしい“モダンな浴衣姿”に反響「かっこよすぎです」「めっちゃ似合う」の声

拡大画像を見る

 社会学者の古市憲寿氏(36)が11日までにインスタグラムを更新。浴衣姿を公開し、七夕への持論を展開した。

 この日、古市氏は七夕飾りをバッグにモノトーンの浴衣を着こなす写真を投稿し、「ハッピー七夕! 短冊に書くだけで願いが叶うという、めちゃくちゃコスパのいい日。叶わなくても、文字を書くだけだから悔しくないしね」と七夕についての持論を展開。七夕を“コスパ”の観点からみるという新しい視点を発信している。

 古市氏の浴衣姿や七夕への持論に、ファンからは「コスパ良し笑 とても似合ってます」「古市さんらしいですね」「コスパとか言っちゃうあたりが流石」「コスパの良い日www 古市さんらしくて笑いました」「確かに最高にコスパいいっすね!」「ネガティブなのかポジティブなのかわからないです!笑 浴衣素敵」「なんでも着こなせちゃう古市さんかっこよすぎです」「文章がらしさに溢れていて、ホッコリします」「何事も万能で、知的な中に乙女チックさがあって素敵ですね」「浴衣姿の古市さんと七夕 とてもシュールです」「コスパのいい日!驚きの解釈でした」「めっちゃ似合う」「古市さん、萌え~」とさまざまな反響が寄せられている。

 独特の発言がネットで物議を醸すことも多い古市氏。7日にツイッターを更新した際には、政府が東京都のまん延防止等重点措置を12日以降に緊急事態宣言に切り替える方向で調整に入ったと報じられたことについて「本当に東京に緊急事態宣言を出すのなら『馬鹿なのかな』という感想しかない」「ウィズコロナ派からは『病床使用率を見ろ(医療体制を改善せよ)』『前回の検証は済んだのか』と反論されるだろうし、ゼロコロナ派からは『だったらオリンピックも止めろ』と反感を買うだろう」とつづり、ネットで「その通り」と支持する意見が寄せられていた。

関連リンク

  • 7/11 9:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます