CanCamモデルほのか、“でしゃばりマネージャー”の悪行に同情相次ぐ「不快すぎ」「全然笑えない」

拡大画像を見る

 「CanCam」(小学館)専属モデルのほのか(25)が8日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演。グラビアデビューを果たした担当マネージャーとのバトルを展開した。

 この日の放送では、“タレントより目立ってしまうマネージャー”として、ほのかの担当マネージャー・池田桃子さん(28)が登場。彼女はマネージャーという立場ながらも、「週刊プレイボーイ」(集英社)でグラビアデビューを果たしているという。

 続いて、スタジオにほのかが登場。ほのかは「(マネージャーが)グラビア出すことも直接本人から聞いていなかったんですよ」と明かし、「言ったと思うっていうのが正直なところなんですけど」というマネージャーに対して「絶対ウソ」と言い返すなど、早くも険悪なムードに。実はほのかは、マネージャーがグラビアデビューをする前「週刊プレイボーイ」のスタッフに「もしマネージャーさんがグラビアをやったらどう思いますか?」と聞かれ、「絶対イヤ」と答えていたはずが、いつのまにかマネージャーがグラビアを出していたという。

 一方、マネージャーは「マネージャーが売れればタレントも売れるじゃないですか」と自身のグラビア活動のメリットを説明し、あくまでもほのかのためだとしていた。しかし、ほのかによれば、マネージャーがツイッターでほのかの撮影オフショットを公開することはなく、自分のグラビアショットのみアップしているという。

 それでもマネージャーは「(ほのかに)申し訳ないなという気持ちはあるんですけど、いい仕事したと思ってる」と強気な姿勢を崩さない。こうした状況にほのかは落ち込み、元マネージャーに泣きながら2時間電話したこともあるそうだ。

■タレントより先に弁当を食べる

 また、ほのかいわく、グラビアデビュー後のマネージャーは「収録の時にほのかよりも先にお弁当を食べている」「バストの大きさでほのかにマウントをとり、会食時にボディラインを強調したワンピースを着てくる」などの行動が目立っているという。

 その後、レギュラー陣が審査員となり、ほのかとマネージャーが“三本勝負”をすることに。“フリートーク対決”では、ほのかが「美容にお金を使いすぎて家賃が払えなくなり、元マネージャーに借金をしていた」と、マネージャーが「婚活アプリの広告モデルの最終選考に残っている」というトークを展開し、満場一致でマネージャーの勝利。続いて“お土産対決”でもマネージャーが勝利し、最後に“レギュラーメンバーのお悩み相談を解決できるか対決”が行われた。

 最後の対決では、番組レギュラーでボディビルダーの横川尚隆(26)が「最近よく眠れない」という悩みをほのかとマネージャーに相談。ほのかは「一緒に走って疲れさせたい」「オプションでワイシャツで汗もふいてあげます」と答えた一方、マネージャーは「寝なくてもOK」「オプションで手貸します」とやや意味深に回答し、結果的にマネージャーが勝利を果たした。

 ほのかとマネージャーの激しいバトルに、ネットでは「ほのかちゃん可哀想」「ほのかさんのマネージャーみたいな人、めちゃくちゃ苦手」「マネージャーが不快過ぎ」「マネージャー失格」「胸糞過ぎて途中から見れんかった」「大多数の女子はほのかちゃんの味方」「ほのかさんのマネージャーに対する嫌がり方がガチすぎて笑えないレベル」「そんなに自分が芸能したいならマネージャー辞めてさっさとタレント本職にしたらいいじゃん」と、マネージャーに対する否定的な声が続出。しかし、中には「自らヒールになることでタレントさんのイメージを上げる戦法かな?」と、ほのかをサポートするマネージャーなりの戦略ではないかと見るユーザーもいた。

 かなり押しが強く、インパクトのあるマネージャーだったが、果たしてそれがほのかのブレイクにつながるのだろうか!?

関連リンク

  • 7/11 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます