中川大志“柊”、花火大会で“ターゲット”新木優子をハグ

拡大画像を見る

中川大志が主演を務める『ボクの殺意が恋をした』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30〜)の第2話が、7月11日に放送される。

本ドラマは身体能力100点・ルックス100点、でも、殺しの才能0点。最高に“間が悪い”殺し屋が、標的(ターゲット)を殺すどころか恋をしてしまうというスリリング・ラブコメディ。

前回の第1話では、男虎柊(中川)は、育ての親・丈一郎(藤木直人)を殺されたことで、殺し屋になり丈一郎の仇を討つことを決意。暗殺ターゲットの鳴宮美月(新木優子)を殺そうとするが、柊の致命的な弱点、最高に“間が悪い”ために殺すことができない。それどころか美月を助けてしまうことに。

殺し屋デス・プリンスこと早乙女流星(鈴木伸之)も美月を狙っていることを知り、デス・プリンスよりも先に美月を殺そうとするものの、デス・プリンスの複数の罠から、またもや美月を守ってしまうことに。美月を守る柊の目には、なぜか幼い頃に遊んだ初恋の人・葵が浮かんでしまう。そんな柊に美月は「私のボディガードになって」と告げることに――。

第2話では、ターゲットの美月を殺すどころか、ボディガードを引き受けてしまう柊。そんな柊に、美月を殺す最大のチャンスが到来! 2人きりで花火大会に行くことに。浴衣姿の美月を柊は、殺すことができるのか……?

<第2話あらすじ>
男虎柊(中川)は、鳴宮美月(新木)のボディガードを引き受けた。彼は、表向きには秘書兼雑用係として美月の身の周りの世話をすることに。そんな中、デス・プリンスこと八乙女流星(鈴木)が美月に近付いてくる。

柊と流星は、どちらが先に美月を殺せるかと、にらみ合う。柊は、美月が新作の構想を練っていると知る。美月は柊に、幼なじみ同士の恋愛漫画を描きたいと打ち明け、新作のために花火大会に行きたいと言い出す。柊は、花火大会が美月を殺す最大のチャンスだと気合を入れる。一方、流星も、美月が柊と花火大会に行くことを嗅ぎつけていた……。

殺し屋とターゲットとして出会った柊と美月は、花火大会で殺すどころか恋してしまうのか?

関連リンク

  • 7/11 8:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます