YouTubeも絶好調のアンジャ児嶋、炎上したら「終わり」…“渡部騒動”後の覚悟

拡大画像を見る

 7月6日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)で、アンジャッシュの児嶋一哉(48)が「児島だよ!」の誕生秘話を語った。今回、児島は麒麟の川島明(42)とともに、「ガヤ芸人が世界一ウケたい授業!」という企画で、中堅芸人ならではの芸能界の生き残り術を伝授した。

 チョコレートプラネットの松尾駿(38)が、ひな壇にいてくれると助かる芸人について質問すると、児島は「僕の経験からいくと、そのノンスキャンダルな芸人かな」「なんかあったら……結構めちゃくちゃあったんだけど、お蔵になっちゃったりするのよ」と自身の経験を交えて語った。チョコレートプラネットの長田庄平(41)が、「ひな壇以前の問題じゃないですか」と言うと、児嶋は「スキャンダルで8本『白黒アンジャッシュ』(千葉テレビ)お蔵入りになるんですから!」「それは大変な迷惑だった。8本ですよ!?」と相方である渡部建(48)のスキャンダル後の影響を明かした。

 また児島がひな壇で「名前にシマがつく芸人」を事前にチェックしているという話をしていると、ヒロミ(56)が「みんな言うじゃんか、おまえのことオオシマさんとか、素人も言うじゃん」「どこまで許せんの?」と、イジりの基準について質問。これに児島は「言い方で、愛を感じるイジりだったらいいですけど、調子乗った感じとかは、ちょっと敏感に。ちょっと嫌だな」と答え、「初めて会ったよく分からない人がそういうことやる」と苦笑いした。

 今や誰もが知る“児島イジり”だが、児嶋は、このイジりの生みの親が明石家さんま(66)だと告白。児嶋は「キャラ全然なかったんです。アンジャッシュ2人とも」と語り、さんまが当時、そうしたキャラの薄い芸人に対して名前を間違えるイジりをしており、児島の返しが受けたことに気をよくしたさんまは、その後、会うたびに児嶋をイジるようになったという。

■アンジャッシュは児嶋が炎上したら「終わり」

 ヒロミは「さんまさんは、もう見つけるとずっとやるもんな。毎回だもん。小学生みたいだよな」と笑い、後藤輝基(47)も「それで定着していくっていう?」「いやぁ、なかなかないでしょう」と感心していた。

 その後、ゲストがSNSに投稿で炎上しないか勝手にチェックする「アンチから守る会」企画が行われたが、後藤とヒロミから「児島さんが炎上したらもう」「おまえ終わりだよ? ホントに」と言われた児嶋は真顔で、「俺までだったら終わりですよ」とコメント。川島は『ラヴィット!』(TBS系)のメインMCになってから、家の前に記者がいると語り、児嶋は「渦中のとき、去年とか。『半沢直樹』(TBS系)とか出させてもらってたときに、もろ記者がいて“渡部さんに倍返しですか?”とか、訳わかんないことを」と、記者からもイジられたと顔をしかめた。

 2020年6月に渡部が起こした不倫スキャンダルによって、さまざま苦労を強いられた児島。その一方で、渡部の穴を埋めるために児嶋のテレビ出演が急増する“棚ぼた”的な現象も起きている。「渡部バブル」とイジられもしたが、児嶋は「児島フィーバー」とポジティブに受け止めているようだ。

 昨年7月には、YouTubeチャンネル『児嶋だよ!』も開設。現在登録者数は、92万人超えと絶好調だ。メイクやグルメなど、あらゆるジャンルの動画を投稿しており、2021年1月4日に投稿したBTS風メイク動画はバズりにバズり、再生回数200万回を超えている。

 かつては“じゃないほう”といわれたこともあった児島だが、今や渡部がいなくても問題なし!?

関連リンク

  • 7/11 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます