フォロワー18万人超“嫁”佳子さん「赤井英和は大根役者」

拡大画像を見る

 俳優・赤井英和(61)が10日、東京・新宿で行われた主演映画「ねばぎば 新世界」(上西雄大監督)の公開初日舞台あいさつに出席した。ゲストとして、赤井の赤裸々な日常を紹介するツイッターが話題を呼んでいる妻・佳子さん(55)が登場。“婦唱夫随”ぶりを見せつけた。

 佳子さんは舞台に登場すると、臆することなく「ツイッターには赤井のパンツ一丁の写真まで上げちゃってますが、赤井は主役じゃなくちゃ成立しないタイプの大根役者。スポットライトを当ててくださってありがとうございます」とチャキチャキあいさつ。

 本来は赤井に渡すはずだった花束を「赤井じゃなく監督に」と本人をスルーし、なぜか夫妻で上西監督に贈呈することに。赤井は「ワシちゃうんかい」とタジタジだった。

 ツイッターでは「赤井英和の嫁 佳子」として、夫がうたた寝する姿や、地下鉄の切符の買い方が分からず娘に聞く様子など、生活の一コマを写真や動画でコミカルに紹介する佳子さん。「かずくん」「佳子ちゃん」と呼び合う仲むつまじさも共感を集め、フォロワーは18万人を超える。

 今作は、赤井にとって15年ぶりの主演映画。生まれ育った大阪・西成の新世界を舞台にした痛快アクションで「僕の地元ですし、映画では(初主演作の)『どついたるねん』以来。思いも深いです」と赤井。「大根役者」と“一刀両断”してみせた佳子さんだが、「赤井はどこを切っても大阪、人情、友情が出てくる。そんな人のいいところが出ているのでぜひ見て頂きたい」と愛情あふれる言葉で締めくくっていた。

関連リンク

  • 7/11 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます