【本日の注目ポイント】福島で七夕賞、小倉でプロキオンS

拡大画像を見る

 7/11(日)は福島・小倉・函館の3場開催。天気は福島が曇り一時雨、小倉が曇り時々晴れ、函館が曇りの予報となっている。

■伝統のハンデ重賞・七夕賞
 福島11Rは七夕賞(GIII)。波乱が起こることでも有名な福島伝統のハンデ重賞。一昨年2着、昨年優勝、さらに19年福島記念でも勝利するなど福島ではめっぽう強いクレッシェンドラヴが連覇を狙う。昨年の七夕賞3着、福島記念2着とコース相性のいいヴァンケドミンゴ、前走・安田記念で13番人気ながら5着と気を吐いたトーラスジェミニなどが出走。

■今年は小倉で行われるプロキオンS
 小倉11R・プロキオンS(GIII)。京都競馬場改修工事に伴う変則開催の影響で、今年は小倉のダート1700mに舞台を移して行われる。昨年のかしわ記念を制したワイドファラオ、昨年暮れの東京大賞典3着など安定感ではメンバー屈指のウェスタールンド、3勝クラス・オープンと連勝し上り調子でここに臨むサンライズホープなどがスタンバイ。

■函館11R・五稜郭Sにルビーカサブランカなど
 函館11Rは芝1800mの五稜郭S(3勝)。全兄に昨年の阪神大賞典など重賞3勝のユーキャンスマイルがいるルビーカサブランカ、19年ジャパンCなどGI・2勝のスワーヴリチャードを半兄にもつルナシオン、昇級後掲示板を外していない堅実さが光るモンブランテソーロなどが参戦。

■福島5Rの新馬戦でサトノギベオンらがデビュー
 福島5Rは芝2000mの新馬戦。セレクトセール1歳にて7920万円で落札されたキズナ産駒のサトノギベオン、追い切りでの動きの良さが目を引いたハーツクライ産駒のモネータドーロ、シルバーステートの初年度産駒になるウロボンなどがデビュー戦勝利を目指す。

■小倉5Rの新馬戦で良血グランディアがデビュー
 小倉5Rは芝1800mの新馬戦。全兄に19年京都大賞典など重賞2勝のドレッドノータスをもち、母ディアデラノビアも05年フローラSなど重賞3勝を挙げた良血グランディアに人気が集まりそう。ほか、中間の動きの良さが目立ったスクリーンヒーロー産駒のピースオブエイト、新種牡馬アメリカンペイトリオット産駒のクレスコジョケツなど。

■函館5Rの新馬戦にアスクワイルドモアなど
 函館5Rは芝1800mの新馬戦。千葉サラブレッドセールにて6941万円で落札され、好仕上がりが目立つアスクワイルドモア、追い切りの気配良好なエピファネイア産駒のヒシアラカン、半兄に18年京都2歳Sを制したクラージュゲリエ、全兄に16年京成杯を勝ったプロフェットがいるフォアランナーなどが出走予定。

■盛岡ではオパールC
 岩手・盛岡競馬場では18時15分にオパールCが行われる。昨年度の最優秀ターフホースに選ばれたマツリダスティールらが出走する。

関連リンク

  • 7/11 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます