「ありえない…」彼の家で元カノと鉢合わせ!?その女から告げられた、衝撃の真実

平日は全力で働き、週末は恋人と甘い時間を過ごす。

それが東京で生きる女たちの姿だろう。

でも恋人と、“週末”に会えないとわかると

「いったい何をしているの?」と疑心暗鬼になる女たち。

これは、土日に会えない男と、そんな男に恋した女のストーリー。

◆これまでのあらすじ

IT会社でアプリをプロデュースする笹本美加(28)は、脚本家の釘宮海斗(32)と恋に落ちた。だが彼は土日になると音信不通になる男だった。美加が、海斗に呼ばれて自宅に向かうと、そこには見知らぬ女がいた…。

▶前回:「女って面倒くさい…」彼女の前では絶対に言わない、仕事が忙しい男の本音


4th weekend 「本当の、親友」

「はじめまして~。ユウでーす」

海斗が紹介するより先に、篠原ユウは彼女の武器ともいうべき屈託ない笑顔で、美加を出迎える。

「は、はじめまして…」

美加が面食らっているのは、火を見るよりも明らかだ。

― ユウと会わせたのは、まだ早かったかな…。

海斗は、美加が買ってきてくれたハムやチーズといった総菜をプレートに広げながら、すでに後悔し始めていた。

― でも仕方ない。もう後戻りはできない。

海斗はあらためて覚悟を決める。

「彼女は篠原ユウさんと言って、お仕事は役者さん」

美加が戸惑った様子で頭を下げると、ユウは声に出して笑った。

「あーっ、今、知らないって顔したでしょ~?」

「いや、えっと…」

美加の困惑の表情が濃くなる。

「まー、私、売れてないから仕方ないよね~。でも映像作品には出ていないけど、舞台には結構出演してるのよ」

ユウは美加に近づくと、慣れた感じでハグをする。

「話は海斗から聞いてるよ。美加ちゃんでしょ?よろしくねー」

「…お友達ですか?」

ユウにハグされたまま、美加は視線を海斗に向けて尋ねる。

海斗は思わず言葉に詰まった。するとユウが代わりに答えた。

「元カノ。私たち、付き合ってたの」

海斗はなぜ、元カノを美加に紹介した?

映像の仕事ばかりしていた海斗が、5年前に初めて舞台の脚本を書いた。その舞台でヒロイン役を演じたのが、ユウだった。

打ち上げの席で意気投合し、二人きりで映画や舞台を見たり、飲みに行ったりするようになる。男女の関係になるのも早かった。

しかし海斗は――美加にも現在進行形でそうしているように――男女の関係になってからも、ズルズルと“現状維持”を続ける悪癖がある。

情けないと自覚しているが、海斗は怖いのだ。

告白すれば、フラれる可能性があることが。関係が後退するぐらいなら、告白しないまま関係を維持したいと思う。だから、ユウとも1年近く“そういう関係”を続けていた。

「私は打ち上げの日から、ずっと両想いだと信じてたよ」

関係を持ってから1年が経ったある日、ユウに言われた。両想い、というワードのチョイスが彼女らしい。

「それなのに恋人じゃないなんて嫌だから、ちゃんと私を恋人にして」

断る理由はない。 海斗は「もちろん」と頷いた。

が、続けざまユウの口から、意外な言葉が飛び出してきた。

「じゃ、カノジョとして言うね。私たちの関係、もう終わりにしましょ」

“大人の関係”のまま終わるのではなく、“カノジョ”として終わりたい。それがユウの考えだった。

1年間一緒にいてユウは「海斗の良いところも悪いところも大体わかった」と言う。そのうえで「付き合いきれない」と判断したらしい。

「これからは親友として仲良くしていこう」

握手を求めながらユウが発したその言葉は、別れた男女にありがちな社交辞令だと、海斗は思った。

だが実際、その後もユウは、親友のように海斗と接していた。

「一度はそういう関係になった者同士だからこそ、男女の仲を超えた友情が芽生えるものよ。脚本家なら覚えておいて」

彼女は口癖のようにそう言った。

自分にカレシができるとユウは報告してくる。だから海斗もカノジョができると報告した。

やがて、恋人だけじゃなく、恋人になりそうな人間が出現しても報告し、相談し合うようになる。

そして今回の、美加のこともユウに相談すると、「わかった。じゃ、私に会わせて」と言った。

だから、こうして金曜の夜、海斗は自宅でユウと一緒に、美加が来るのを待つことになったのだ。


「お二人の関係は一応、理解しました。でもユウさんがご自宅にいらっしゃるなら、最初から伝えてほしかったです」

美加は、うつむいたまま言った。

ごもっとも、おっしゃるとおりです、と海斗は内心で猛省し、美加以上にうつむいた。

「私が言ったの。私がこの家にいるって聞けば、美加ちゃんは会ってくれない可能性があるから、伝える必要はないって」とユウは悪びれずに告げた。

「…たしかに、ユウさんがいると知ってたら…ここに来なかったかも…」

「でしょー?」

ユウは声をあげて。ほらね、とでも言いたげに海斗を見る。

「それで私と会って、何を話したいんですか」

挑戦的な言葉の内容とは裏腹に、恐る恐るといった感じで美加が尋ねる。

「いや、特に何を話したいわけでもない。ただ会ってみたかっただけ」

ユウはあっけらかんと返す。

「…え?」

意外な答えだったのだろう。美加は声が漏れた。

「…は?」

かくいう海斗も、ユウの意外な答えに声が漏れた。美加との仲を取りもつ話をしてくれるのだと、海斗は思っていた。

「強いて言うなら、会って美加ちゃんがどんな人か知りたかったの」とユウは言ったあと、平然と言葉を続けた。

「海斗から聞くかぎりは、とても素敵な女性だったけど、恋は盲目って言うから、ピンク色のフィルターを通してるかもしれないじゃん」

「ピンク色のフィルター…」と美加がつぶやく。

「でも私から見ても、美加ちゃんは素敵な女性だと思ったよ」

「ユウさん、私と会ったばかりなのにわかるんですか?」

「わかる。だって美加ちゃん、本当は夜ゴハンを食べてきたでしょ?それを隠して『食べてない』ってことにして総菜を買ってきたよね?」

ユウの言葉を受け、海斗はテーブルに目を向ける。今まで気づかなかったが、美加は箸が進んでおらず、取り皿がまっさら綺麗なままだ。

「こういう『小さくて優しい嘘』をつける人って、私、好きなの」

それから男女3人は朝まで…

―土曜日―


朝、リビングのソファで目覚めた海斗は、昨夜の片づけを始めた。

皿洗いとゴミ出しまで終えると、寝室のベッドで寝ている美加と、仕事部屋のソファに寝ているユウの様子を、それぞれ確認した。

二人ともまだ起きる気配がない。

ユウが会話をリードする形で、昨夜は遅くまで飲み明かした。眠りにつくころには窓の外で日が昇っていた。

三人で交わした会話は他愛もないものだ。それぞれの好きな食べ物とか、好きな映画とか、これまで良かった旅行先とか、本当に他愛のないものだ。

ただ、その会話のおかげで海斗は、美加とのわだかまりが消えていく感覚があった。

そして彼女の人となりを、もっと深く知った。

きっと美加も、海斗の人となりをさらに深く知ってくれたことだろう。

率先して会話を進めてくれたユウに、海斗は感謝しかなかった。

昼前に、美加とユウはほぼ同時に起きてきた。

簡単な身支度を整えると、三人は近くのカフェで、少し遅いモーニングをして解散することになった。

ただユウは去り際に、海斗に聞いてくる。

「今週の土日は、締切がないんだよね?」

海斗が口を開いた瞬間に、ユウが被せてくる。

「あっても、今週だけは『ない』って言いなさい」

ユウの勢いに圧倒されて、海斗は思わず答える。

「…うん、締切はないよ」

「だったら、美加ちゃんとデートしなよ」

海斗は呆気に取られたが、美加もキョトンとした顔でユウを見つめている。

「じゃ、海斗先生、この店の会計はお願いしますね。ごちそうさま~」

役目を終えたユウは、颯爽と帰っていく。

残された二人の間に一瞬だけ気まずい空気が流れるが、海斗は勇気を振り絞る。

― いや、こんなもの、勇気でも何でもない。

美加の目がこちらを向いたタイミングを見計らい、海斗は言った。

「この土日を俺にください。デートしましょう」

「…はい」

一度自宅に帰って着替えてくる、という美加と再集合するまでの間に、海斗のもとにはユウからLINEが入った。

『この土日は、仕事しちゃダメよ。あと、サッカーの試合をスマホでチェックするのも禁止だから。美加ちゃんとのデートに集中して』

14時。

渋谷のパルコ前で再集合した海斗と美加は、気になる映画を見てからカフェで感想を言い合い、インテリアショップで買い物をして、夜は食材を買って二人で一緒に料理した。

―日曜日―


ベッドで寝ている美加を起こさないよう、こっそり家を出た海斗は、二人分のクロワッサンを買う。

サッカーの試合結果やニュースを見たい衝動に駆られるが「この土日だけは…」とグッと堪えた。

海斗が帰宅したタイミングで美加は目覚め、コーヒーとオレンジジュース、それに買ったばかりのクロワッサンをトレーに置いて、ベッドの上で朝食を済ませる。

「今日はドライブに付き合ってくれない?」

海斗の申し出を、美加は快諾してくれた。

行く当てもないドライブが、海斗は好きだった。

特に脚本の執筆に詰まると、行先も決めずにドライブしながらアイディアを練ることが多い。

そして恋人と大事な話をしたいときも、ドライブを選ぶ。

「聞いてほしいことがあるんだ」

美加を助手席に乗せた車が、麻布十番を出て、外苑西通りの天現寺の交差点に差し掛かるころ、海斗は話を切り出した。

「俺が今まで、どんな恋愛をして、どんなふうに終わってきたか、美加さんに知ってほしくて」

美加は黙って頷き、そのあともずっと、黙って海斗の話を聞いてくれた。

東京の街を走りながら、海斗はこれまで付き合ってきたほぼすべての女性に「仕事と私とどっちが大事なの?」と言われてきたことを懺悔した。

「全部、俺が悪いんだ。俺が『土日に会えない男』だから、いつも同じ問題にぶち当たる。でも、これからは直したい」

「…直したい?」

ずっと黙って聞いていた美加が、初めて口を開く。

「うん、直したい。だから、俺とちゃんと付き合ってほしい」

だらだらと体だけの関係に陥ってしまう悪癖も懺悔し、海斗は心の底から真剣に伝えた。

「カレシとカノジョとして付き合ってほしいんだ」

最初から告白するつもりで海斗は美加をドライブに誘った。

でも、いざその時になるとハンドルを持つ手が震えそうになる。心は完全に震えていた。

美加は沈黙している。運転中のため、その顔を見ることはできない。

ほどなくして美加が口を開いた。

「ごめんなさい。今は…海斗さんと付き合うことは、無理です」


▶前回:「女って面倒くさい…」彼女の前では絶対に言わない、仕事が忙しい男の本音

▶Next:7月18日 日曜更新予定
告白を断った美加だが、あの人からのまさかの一言に、気持ちがゆらぎ始めて…

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/11 5:05
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます