赤ちゃんの部屋に倒木! 奇跡的に難を逃れる姿をカメラが捉えた(米)

拡大画像を見る

米ルイジアナ州プレイリービル在住のケールさん(Kale)とコートニー・ブッフホルツさん(Courtney Buchholtz)は今月2日、生後5か月のキャノン君(Cannon)を寝かしつけ、居間のソファーでくつろいでいた。

すると突然「ゴオオー」という大きな衝撃音とともに壁が揺れ始め、寝ていたはずのキャノン君が大声で泣き出した。

驚いたコートニーさんがベビーモニターを見ると、ベビーベッドのまわりに大量のゴミが舞っていた。プレイリービル一帯はその夜天候が悪く、1時間ほど前から激しい風雨が続いていた。

「雷が落ちて窓が割れたのかもしれない」―そう思って慌ててキャノン君の部屋に駆けつけたコートニーさんは、目の前に広がった光景に唖然とした。

コートニーさんは「最初部屋に入った時、何が起こったのかすぐには理解できなかったの」と言い、当時の様子についてこのように話している。

「なんと庭の樫の木が倒れて、キャノンの部屋の屋根を突き破っていたの!」

「部屋は散乱していたけど、ずっと泣き声が聞こえていたので『息子は生きている』というのは分かったわ。ただゴミをかき分けて息子を抱っこするまでの数秒間は、私の人生の中で最も長い時間に思えた。もしかしてキャノンが倒木の下敷きになってるんじゃないかと思って、生きた心地がしなかったの。」

その様子は監視カメラが捉えており、轟音が響いた直後、コートニーさんは「オーマイガー、オーマイガー」と言いながらキャノン君のもとに駆け寄っている。コートニーさんはその後、ベビーベッドの中で手足をバタバタさせて泣いているキャノン君を抱き上げ、パニック状態で「ケール、ケール」と夫の名を呼びながらその場を後にしていた。

コートニーさんは「キャノンを抱き上げると、後からやってきたケールに息子を任せたわ。そしてケールがキャノンに怪我がないか確認すると、息子は泣くのを止めて笑いだしたのよ」と述べ、キャノン君にかすり傷一つなかったことを明かした。

キャノン君が無事だったことに、コートニーさんは「2016年に早産で生まれ、生後1か月で亡くなった長男が守ってくれたからだと思うの」としんみりと語り、今回の事故についてこう振り返った。

「家の被害が一番酷いのはバスルーム周辺だったわ。でもあの日はすでにキャノンの入浴を済ませていて、私たちが怪我をすることはなかったの。それに大きな梁がベビーベッド脇に落下していたのだけど、キャノンを直撃することはなかったわ。まるでキャノンのまわりにシールドが張り巡らされているようだったの。」

夫妻はその夜、近所の親戚の家に避難したが、倒木による家の被害はかなりのもので修復しなければとても住める状態ではないという。

実は一家は2016年に洪水で家を失っており、ケールさんは「つらいことを言えばきりがない」と明かすも、最後にこんな力強い言葉を述べた。

「家は家であって物質的なものにすぎないし、やり直すことができる。ただ今回の騒動で身に染みて感じたのは、家族がいかに大切かということだよ。」

ちなみに今年1月にも米ワシントン州で、暴風雨で倒れた木が屋根を突き破り寝室を直撃していた。当時ベッドで就寝中だった女性は奇跡的に腕と脇腹の間に木が突き刺さり、命に別状はなかったという。

画像は『7News 2021年7月8日付「US mum’s anguish as large tree falls on roof over five-month-old sleeping baby」(Credit: NBC/ Courtney and Kale Buchholtz)(Credit: Courtney Blanchard Buchholtz/Facebook)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 7/10 22:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます