「報道特集」金平茂紀氏、丸川五輪相に「嫌われた」会見で質問させてもらえず

拡大画像を見る

 TBSの金平茂紀キャスターが10日、同局系「報道特集」に出演し、丸川珠代五輪相に対して「好かれたいとは毛頭思っておりません」と宣言した。

 金平氏は、9日に行われた丸川大臣の会見を取材。質問しようと手を上げたが、内閣官房職員から指名されなかった。最後に「なぜ当てないんですか、もう1問だけ」と食い下がったが、そのまま会見は終了。引き上げる丸川大臣を追い「大臣!」と声をかけたが、すでに姿は見えなくなっており「信じられない…」と悔しそうにつぶやいた。

 VTR後には「どうやら丸川大臣に嫌われたようなんですけど、わたしの方もあの大臣に好かれる記者になりたいとは毛頭思ってません」とお返し。丸川大臣の会見については「丁寧な説明とは程遠いものでした」と切った。

 政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長が五輪について「何のためにやるのか目的が明らかでない」と発言したことに対して、丸川大臣が「全く別の地平から見てきた言葉を言っても通じづらい」と発言したことを例示。五輪が無観客開催となったことで「少なくともそういうことについて釈明してしかるべきだった」と厳しく振り返った。

関連リンク

  • 7/10 22:38
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます